ワークシートを使った詳細検索の実行 - Cloud

Talend Cloud Data Catalogユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
ワークシートを使い、設定で詳細検索を実行します。

手順

  1. [OBJECTS] (オブジェクト) > [Search] (検索)に移動し、ワークシートを開きます。
    また、Explorerパネルの[Search] (検索)タブを使い、フィルタリングされた検索を実行して、検索結果の単純なリストで作業することもできます。
  2. ツールバーで[Filters] (フィルター)をクリックし、検索のコンテンツを定義します。
  3. 検索ボックスにテキストを入力します。
    テキストの場合、二重引用符が使われていても大文字と小文字は区別されません。ただし、ラベル、スチュワード名、カスタム属性といったオブジェクトでは区別されます。
  4. オプションとして、[Search Options] (検索オプション)アイコンをクリックして検索を設定することもできます。
    デフォルトでは、検索は名前と物理名にのみ基づきます。[Search Options] (検索オプション)では、コメントやカスタム属性といったテキストプロパティをはじめ、説明その他などのオプションも選択できます。
  5. [FILTER] (フィルター)をクリックし、[Filters] (フィルター)パネルにフィルタリング基準を表示します。
  6. ツールバーで[Columns] (カラム)をクリックし、検索の表示方法を設定します。
    表示モード、ソート順序、ワークシートに表示されるカラムを設定できます。
  7. 検索をワークシートに保存する場合は、右上隅の[SAVE AS] (名前を付けて保存)をクリックして名前と説明を入力します。
    ワークシートは[WORKSHEETS] (ワークシート) > [Manage] (管理)にあります。
  8. ワークシートを他のユーザーと共有する場合は、[NOT SHARED] (共有されていない)をクリックしてユーザーかグループを選択します。
    これでワークシートが[Shared] (共有済み)とマークされます。
  9. 検索結果でエレメントをクリックし、そのページを開きます。