オブジェクトエクスプローラーパネルの環境設定 - Cloud

Talend Cloud Data Catalogユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog

Object explorer (オブジェクトエクスプローラー)パネルを使えば、よりすばやくメタデータにアクセスできます。

  • [Browse] (参照)タブ: 設定やリポジトリーのコンテンツをさまざまな表記モードで表示できます。
    • [Tree] (ツリー)ビュー: 自分のカタログの階層構造内を自在に移動してどのようなアイテムのプロパティでも1回のクリックで表示できます。
    • [Drill] (ドリル)ビュー: 自分のカタログの特定のエリアに集中し、兄弟レコードの長いリストで作業できます。
  • [Search] (検索)タブ: フィルタリングされた検索を実行し、検索結果のフラットリストで作業できます。

手順

  1. [Object explorer] (オブジェクトエクスプローラー)パネルを開きます。
  2. ツールバーの右側にある[Preferences] (環境設定)アイコンをクリックします。
  3. 実行できる環境設定オプションは次のとおりです。
    フィールド 説明
    DISPLAY MODE (表示モード) このオプションで次の2つの表記モードが可能になります。
    • ツリー
    • ドリル
    HIERARCHY TYPE (階層タイプ) このオプションで次の3つのツリー構造を表示できます。
    • [None] (なし): 設定内のモデルのフラットな構造を表示します。
    • [Configuration] (設定): 設定内で定義されているフォルダーやコンテンツの構造を使ってツリーを表示します。
    • [Repository] (リポジトリー): リポジトリー内で定義されているフォルダーやコンテンツの構造を使ってツリーを表示します。
    MAXIMUM OBJECTS PER LEVEL (レベル別の最大オブジェクト数) このオプションで、特定レベルで表示するエレメントの数を指定できます。
    SHOW ATTRIBUTES (属性の表示) 全キュレーションアイコンや別名など、その他の属性もツリーに表示できます。
  4. 階層にはカテゴリー、スチュワード、ラベルといったルートフィルターを適用することも可能です。