区切り記号付きファイルのメタデータをインポートする - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

区切り記号付きファイルのメタデータを事前定義済みCSVファイルからインポートすることができます。

区切り記号付きファイルのメタデータをCSVファイルからインポートする前に、CSVファイルの各行が次のフォーマットに準拠していることを確認します。
Name*; Purpose; Description; Version(0.1 by default); Status(DEV|TEST|PROD); FilePath*; FileFormat(UNIX|WINDOWS|MAC); Encoding; FieldSeparatorValue; RowSeparatorValue; EscapeType; EscapeChar; TextEnclosure; FirstLineCaption(true|false); HeaderValue; FooterValue; RemoveEmptyRow(true|false); LimitValue; TableName*; Label*; Comment; DefaultValue; Key*(true|false); Length*; Nullable(true|false); Pattern; Precision; TalendType

次の点に注意して下さい。

  • アスタリスク(*)が付いているフィールドは空白のままにしないで下さい。

  • [Name] (名前)は、[File delimited] (区切り記号付きファイル)ノードの下に作成されるファイル接続名です。別々の接続名を指定することで、複数のファイル接続を作成できます。

  • [TableName]はファイルスキーマの名前、[Label] (ラベル)はスキーマ内のカラム名です。

  • CSVメタ文字または制御文字の指定には、以下のようなエスケープシーケンスを使用して下さい。 ;または\n

  • 区切り記号付きファイルにヘッダー行とスキップする行が含まれている場合は、[FirstLineCaption]フィールドをtrueに設定し、[HeaderValue]フィールドを適切に入力する必要があります。

以下の例は、directors.csvという名前の区切り記号付きファイルのメタデータをdirectors_metadata.csvという名前の事前定義されたCSVファイルからインポートする方法を示すものです。

ファイルdirectors.csvの抽象を以下に示します。これにはidおよびnameという2つのカラムがあります。

id;name
1;Gregg Araki
2;P.J. Hogan
3;Alan Rudolph

CSVファイルdirectors_metadata.csvには、directors.csvのメタデータを説明する2つの行が含まれています。

directors;Centralize directors metadata;Metadata of directors.csv; 0.1;DEV; E:\Talend\Data\Input\directors.csv;WINDOWS;UTF-8; "\";\""; "\"\\n\""; Delimited;;;true;1;;false;;directors_schema;id;;;false;1;true;;0;id_Integer
directors;Centralize directors metadata;Metadata of directors.csv;0.1;DEV; E:\Talend\Data\Input\directors.csv;WINDOWS;UTF-8; "\";\""; "\"\\n\""; Delimited;;;true;1;;false;;directors_schema;name;;;false;1;true;;0;id_String

区切り記号付きファイル接続のメタデータを上記で述べたCSVファイルからインポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、[File delimited] (区切り記号付きファイル)を右クリックします。
  2. コンテキストメニューで、[Import connections from CSV] (CSVから接続をインポート)を選択します。
    [Import connections from CSV] (CSVから接続をインポート)ダイアログボックスが開きます。
  3. [Browse...] (参照...)をクリックして、区切り記号付きファイルメタデータのメタデータについて説明しているCSVファイル(この例ではdirectors_metadata.csv)まで移動します。
  4. [Finish] (終了)をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
    [Show Logs] (ログを表示)ダイアログボックスが開き、インポートされたメタデータと拒否されたメタデータ(ある場合)が一覧されます。
  5. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    [Repository] (リポジトリー)ツリービューの[File delimited] (区切り記号付きファイル)ノードの下に、[directors] (ディレクター)という名前の新しいファイル接続が作成されます。このファイル接続のプロパティはCSVファイルに定義されています。