リソースの作成 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

手順

  1. Integrationパースペクティブの[Repository] (リポジトリー)ツリービューで、[Resources] (リソース)を右クリックし、コンテキストメニューから[Create resource] (リソースの作成)を選択して、[New Resource] (新しいリソース)ウィザードを開きます。

    フィールド

    説明

    [Source File] (ソースファイル)

    リソースの作成元とするローカルまたはリモートファイルへのパス。

    [Name] (名前)

    リソースの名前。禁止文字を入力すると、メッセージが表示されます。

    [Purpose] (目的)

    リソースの目的、またはリソースの使用に関する有用な情報を入力します。

    [Description] (説明)

    リソースの説明。

    Author (作成者)

    デフォルトで現在のユーザーログインを表示する読み取り専用フィールド。

    Locker (ロック設定者)

    読み取り専用のフィールド。デフォルトでは、現在のリソースのロックを保持するユーザーのログインを示します。このフィールドはリソース作成時には空で、既存のリソースのプロパティの編集時にのみデータが存在します。

    Version (バージョン)

    読み取り専用フィールド。[M]および[m]ボタンを使用して、手動でバージョンを高くすることができます。

    Status (ステータス)

    作成しているリソースのステータスを選択するリスト。

    [Path] (パス)

    リソースが作成されるフォルダーを選択するリスト。

  2. [New Resource] (新しいリソース)ウィザードで:
    • 既存のファイルからリソースを作成するには、[Resource file] (リソースファイル)フィールドでファイルへのパスを指定するか、または[Browse] (参照)をクリックして参照します。

      リソースは、指定したファイルに基づいて自動的に命名されます。名前は必要に応じて変更できます。

    • リソースに名前を付けさえすれば、リソースをゼロから作成することができます。
  3. [Finish] (終了)をクリックしてリソースを作成し、ウィザードを閉じます。
    • リソースを既存のファイルから作成した場合は、リソースに基づいて命名され、同じコンテンツを持つ新しいファイルがワークスペースディレクトリーの<PROJECT_NAME>\resourcesフォルダーに作成され、コンテンツが、コンテンツのタイプに応じて、デザインワークスペースのデフォルトエディターまたはテキストエディター内に表示されます。コンテンツは必要に応じて編集できます。
    • リソースをゼロから作成した場合は、リソースに基づいて命名された空の.txtファイルがワークスペースディレクトリーの<PROJECT_NAME>\resourcesフォルダーに作成され、デザインワークスペース上に開きます。そこにコンテンツを入力することができます。

タスクの結果

作成されたリソースは、[Repository] (リポジトリー)ツリーの[Resources] (リソース)ノードの下に追加されます。 さまざまな管理オプションにアクセスし、依存性を検出し、リソース名を右クリックして、リソースに影響分析を実行することができます。