「決定要素」または「依存」のいずれかとしてカラムを選択 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

手順

  1. [DB connections] (DB接続)を展開し、分析するデータベースに移動して選択し、[Finish] (終了)をクリックして[New Analysis] (新規分析)ウィザードを閉じます。
    定義された分析メタデータとともに分析エディターが開き、新規作成された分析用のフォルダーが[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービュー内の[Analyses] (分析)の下に表示されます。
    [Data Preview] (データプレビュー)セクションに全てのテーブルカラムのサンプルデータが表示されます。
  2. [Left Column] (左カラム)パネルで[A Columns Set] (Aセットのカラム)をクリックし、[Column Selection] (カラム選択)ダイアログボックスを開きます。
    ここで、依存カラムにある値を基に分析するカラムの最初のセットを選択できます。また、カラムは[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューから左のカラムパネルに直接ドラッグすることもできます。
    この例では、cityカラムに存在するレコードとstate_provinceカラムに存在するレコードを相互評価し、州名がリスト表示されている都市名に一致するかどうか(またはその逆)を調べます。
  3. [Column Selection] (カラム選択)ダイアログボックスで[DB connections] (DB接続)を展開し、決定要素カラムとして定義するカラムを参照します。
    [Table filter] (テーブルフィルター)フィールド、または[Column filter](カラムフィルター)フィールドに必要なテキストを入力し、テーブルやカラムを絞り込むことができます。リストには、入力したテキストに対応するテーブルまたはカラムのみ表示されます。
  4. 分析するカラムのチェックボックスを選択して[OK]をクリックし、次の手順に進みます。
    選択されたカラムが、[Analyzed Columns Set] (分析対象カラムのセット)ビューの[Left Columns] (左のカラム)パネルに表示されます。この例では、cityカラムを決定要素カラムとして選択します。
  5. 依存カラムについても同じ方法で選択するか、[DQ Repository](DQリポジトリー)ツリービューから[Right Columns] (右のカラム)パネルにドラッグします。この例では、state_provinceカラムを依存カラムとして選択します。この関係では、州名が、リスト表示されている都市名と一致するかどうかが表示されます。
    [Analyzed Columns] (分析対象カラム)ビューにリスト表示されているいずれかのカラムを右クリックして[Show in DQ Repository view] (DQリポジトリービューで表示)を選択すると、選択されたカラムがツリービューの対応する接続の下へ自動的に配置されます。
  6. [Reverse columns] (カラムの反転)タブをクリックすると定義されたカラムが自動的に反転し、どの都市名がリスト表示されている州名と一致するかという反対の関係を評価するようになります。
    [Data Preview] (データプレビュー)セクションで[Connection] (接続)リストから別の接続を選択し、別のデータベースに選択することもできます。このリストには、Studioで作成した全ての接続が表示されます。[Analyzed Columns Set] (分析対象カラムのセット)ビューにリスト表示されているカラムが、新しく設定するデータベース接続に存在しない場合は警告メッセージが表示され、オペレーションを続行またはキャンセルできます。