[Pattern Test View] (パターンテストビュー)から新しいパターンを作成する - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

[Pattern Test View] (パターンテストビュー)から新しいカスタムパターンを作成することができます。このビューからパターンを作成することの利点は、テスト済みの正規表現に基づいてカスタムパターンを作成できることです。

必要に応じて表現の定義をカスタマイズするだけで、新しいパターンを保存することができます。

始める前に

Talend StudioProfilingパースペクティブを選択していること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリ) > [Patterns] (パターン) > [Regex] (正規表現)の順に展開し、カスタムパターンの作成に使用するパターンをダブルクリックします。
    Talend Studioでパターンエディターが開きます。
  2. 新しいパターン作成の基として使用する定義のとなりの[Test] (テスト)をクリックします。
    選択された正規表現の定義で[Pattern Test View] (パターンテストビュー)が開きます。
  3. 必要に応じて、[Test Area] (テストエリア)にテキストを入力して正規表現をテストします。詳細は、パターンテストビューで正規表現をテストするを参照して下さい。
  4. [Create Pattern] (パターン作成)をクリックして[New Regex pattern] (新規正規表現パターン)ウィザードを開きます。
  5. [Name] (名前)フィールドに、新しい正規表現の名前を入力します。
    注:

    アイテムの名前には次の特殊文字は使用しないで下さい。

    "~", "!", "`", "#", "^", "&", "*", "\\", "/", "?", ":", ";", "\"", ".", "(", ")", "'", "¥", "'", """, "«", "»", "<", ">"

    ファイルシステムでは、これらの文字はすべて"_"に置き換えられ、重複するアイテムが作成されてしまう場合があります。

  6. 必要に応じて、該当するフィールドにその他のメタデータ(目的、説明、作成者名)を設定し、[Next] (次へ)をクリックして次の手順に進みます。
    最初の正規表現が[Regular expression] (正規表現)フィールドに予め表示されています。
  7. 必要に応じて最初の正規表現の構文をカスタマイズします。正規表現の定義は一重引用符で囲む必要があります。
    注:

    PostgreSQLデータベースの場合、正規表現はデータベースの異なるバージョン間で互換性がありません。

    PostgreSQLバージョン9.1以降で正規表現を使用する場合は、次のいずれかを実行する必要があります。
    • PostgreSQLデータベース設定で、standard_conforming_stringsパラメーターをoffに設定し、定義内に二重のバックスラッシュを記述するか、または
    • ウィザードの[Regular expression] (正規表現)フィールドの表現定義で単一のバックスラッシュを使用します。

    PostgreSQL正規表現の詳細を確認するには、[Window] (ウィンドウ) > [Show View] (ビューの表示)を選択して[Help] (ヘルプ)を展開し、[Bookmarks] (ブックマーク)を選択します。

  8. [Language Selection] (言語選択)リストから、新しい正規表現を使用するデータベースを選択します。
  9. [Finish] (終了)をクリックし、ウィザードを閉じます。

タスクの結果

元の正規表現と同じファイルのRegexフォルダーの中に、新しいパターンのサブフォルダーが表示されます。パターンエディターが開き、パターンメタデータとパターン定義が表示されます。