ESB Dockerイメージ用のマイクロサービス(Spring-Boot)としてルートまたはデータサービスジョブをパブリッシュする - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio
Talend Studioでは、ルートとデータサービスジョブをDockerレジストリーにパブリッシュすることができます。

手順

  1. マイクロサービスDockerイメージとしてビルドするルートまたはジョブをデザインワークスペース内に開きます。[Job] (ジョブ)タブの[Deployment] (デプロイ)ビューで、[Build Type] (ビルドタイプ)リストから、ルートにはRouteMicroservice、ジョブには[Microservice for ESB] (ESB用のマイクロサービス)を選択します。ルートまたはジョブを保存します。
  2. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで、Dockerレジストリーにパブリッシュするルートまたはジョブのアイテムを選択します。
  3. それを右クリックして、メニュー内の[Publish] (パブリッシュ)を選択します。
  4. [Publish] (パブリッシュ)ウィザードで、エクスポートタイプに[Docker Image] (Dockerイメージ)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  5. ルートまたはジョブで使用するデフォルトコンテキストのみをエクスポートするには、[Only export the default context] (デフォルトコンテキストのみをエクスポート)オプションを選択します。
  6. Dockerエンジンのインストレーションに基づいて、[Local] (ローカル)を選択するか、またはリモートアドレスを指定します。
    警告: [Remote] (リモート)オプションを選択した場合は、リモートポートでDockerデーモンが開始していることを確認します。
  7. Dockerイメージ名とイメージタグを指定します。
    デフォルトでは、イメージ名はプロジェクト名とルートまたはジョブの名前から取得され、イメージタグはルートまたはジョブのバージョンから取得されます。新しい名前とタグをここで指定するか、またはプロジェクト設定でデフォルト設定をグローバルにカスタマイズすることができます。詳細は、Dockerイメージビルドの設定をカスタマイズするを参照して下さい。
    警告: Dockerイメージ名には、アンダースコア文字は使用できません。したがって、Dockerイメージ名の値にアンダースコア文字が含まれていないことを確認して下さい。
  8. ユーザー名とパスワードを指定します。
  9. [Finish] (終了)をクリックして、指定したDockerレジストリーへのDockerイメージのパブリッシュを開始します。