パーソナルアクセストークンの生成 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio
Bearer JWT (JSON Webトークン)パーソナルアクセストークンは、Talend Cloud APIのプログラムへリクエストでの署名のために、長期間使用できる認証情報です。

このタスクについて

アクセストークンは個人的なもので、付与されるアクセス権限は常にユーザーのアクセス権限と同期されます。トークンを生成すると、1度限り表示されます。

同時に設定できるアクティブなトークンは5つまでです。有効なトークンはできるだけ少なくしておくことをお勧めします。未使用のトークンを削除し、古いトークンを置き換えてシステムのセキュリティを強化しましょう。

重要: アクセストークンは、最も安全で推奨される認証モードです。

手順

  1. Talend Cloudポータルまたはアプリケーションにログインします。
  2. 右上のユーザーメニューの[Profile preferences] (プロファイルの設定)をクリックします。
  3. [PERSONAL ACCESS TOKENS] (パーソナルアクセストークン)ページに移動します。このページでは全てのトークンを管理できます。
  4. [ADD TOKEN] (トークンの追加)を選択します。
    新しいページが開きます。[Roles - Manage] (ロール-管理)権がある場合は、トークンに関連付けられた全ての権限を表示することができます。
  5. [Token name] (トークン名)を入力します。
  6. [GENERATE] (生成)をクリックします。
    Bearerトークンが生成されて新しいウィンドウで開き、1度限り表示されます。トークンをコピーしないで閉じると、このトークンは使用できなくなります。
  7. トークンをコピーし、必要な場所に貼り付けます。

タスクの結果

これでトークンが使用できるようになりました。[PERSONAL ACCESS TOKENS] (パーソナルアクセストークン)ページでは、各トークンの作成日および最後の使用日を確認できます。

このアクセス権限は、現在付与されているアクセス権限に対応しています。トークンの生成後にアクセス権限が変更された場合、トークンのアクセス権限も変更されます。

トークンを生成した後は、名前を編集するか、削除することしかできません。セキュリティ管理者はトークンを表示して削除することができます。全ユーザーのパーソナルアクセストークンの管理を参照して下さい。

生成されたトークンを使用するcURLリクエスト:
curl -X GET 'https://api.us.cloud.talend.com/tmc/v1.2/executables' \
-H 'Authorization: Bearer eyJraWQiOiJpYW0tb2lpYy1jbG91ZCIsImQu2WembcCB'