アーティファクトリポジトリの環境設定([Talend] > [Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリ) > [Repository Settings] (リポジトリ設定)) - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

ジョブ、サービス、ルートをアーティファクトリポジトリにパブリッシュするには、アーティファクトリポジトリ接続の環境設定を指定する必要があります。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順にクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. ツリービューでTalend > [Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリ)ノードを展開し、[Repository Settings] (リポジトリ設定)を選択します。
  3. 必要に応じてアーティファクトリポジトリの設定を変更します。
    • [Type] (タイプ): NEXUS 3NEXUS、またはArtifactoryを選択します。

    • [Url]: リポジトリのロケーションURLを入力します。

    • [Username] (ユーザー名): リポジトリに接続するためのユーザー名を入力します。

    • [Password] (パスワード): リポジトリに接続するためのパスワードを入力します。

    • [Default Release Repo] (デフォルトリリースリポジトリ): デフォルトでアーティファクトアイテムのリリースバージョンをパブリッシュするリポジトリ名を入力します。

    • [Default Snapshot Repo] (デフォルトスナップショットリポジトリ): デフォルトでアーティファクトアイテムのスナップショットバージョンをパブリッシュするリポジトリの名前を入力します。

    • [Default Group ID] (デフォルトグループID): デフォルトでアーティファクトアイテムをパブリッシュするグループの名前を入力します。

  4. [Apply] (適用)をクリックして変更を適用するか、または[Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして変更を適用し、ウィザードを閉じます。

タスクの結果

これでジョブ、サービス、ルートをアーティファクトリポジトリにパブリッシュできるようになりました。ジョブ、サービス、ルートのパブリッシュ方法の詳細は、アーティファクトリポジトリへのパブリッシュを参照してください。