カタログまたはスキーマの分析の作成 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

スキーマがデータベースの物理構造で使用されている場合、Talend Studio Profiling パースペクティブを使って、データベースの特定の1つのカタログまたはスキーマを分析できます。

分析結果により、行数、テーブル数、テーブルあたりの行数など、このスキーマの内容に関する分析情報が得られます。

始める前に

「カタログ」または「スキーマ」エンティティを使用するデータベースに接続するために、データベース接続が少なくとも1つ作成されていること。詳細は、データベースへの接続を参照して下さい。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[DB connections] (DB接続)の下で、コンテンツの分析を作成するカタログまたはスキーマを右クリックし、コンテキストメニューから[Overview analysis] (概要分析)を選択します。
    この例では、スキーマ分析の作成方法を示します。
  2. ウィザードが開いたら、現在の分析の名前を入力します。
    注:

    アイテムの名前には次の特殊文字は使用しないで下さい。

    "~", "!", "`", "#", "^", "&", "*", "\\", "/", "?", ":", ";", "\"", ".", "(", ")", "'", "¥", "'", """, "«", "»", "<", ">"

    ファイルシステムでは、これらの文字はすべて"_"に置き換えられ、重複するアイテムが作成されてしまう場合があります。

  3. 必要に応じて、該当するフィールドに分析メタデータ(目的、説明、作成者名)を設定し、[Next] (次へ)をクリックします。
  4. SQL言語を使い、必要に応じて、分析するテーブルまたはビューのフィルターをそれぞれのフィールドに設定します。
    デフォルトでは、カタログの全てのテーブルとビューが分析の対象となります。
  5. [Finish] (終了)をクリックします。
    新規作成した分析のフォルダーが[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[Analysis] (分析)の下に表示されます。分析エディターが開いて、定義した分析メタデータが示されます。
  6. [F6]を押して分析を実行します。
    エディターの下部にオペレーションが進行中であることを確認するメッセージが表示され、分析結果が[Analysis Results] (分析結果)ビューに開きます。

    [Statistical information](統計情報)ビューでは、次のことができます。

    • スキーマをクリックすると、それに含まれる全てのテーブルとその内容の概要(行数、キー数、ユーザー定義インデックス数)が表示されます。

      選択したスキーマは青色で強調表示されます。スキーマが赤色で強調表示された場合は、そのデータに問題がある可能性を示します。

    • スキーマを右クリックし、[Overview analysis] (概要分析)を選択し、選択したアイテムの内容を分析します。

    • テーブルまたはビューを右クリックし、[Table analysis] (テーブル分析)を選択し、選択したアイテムのテーブル分析を作成します。選択したテーブルのキーとインデックスを表示することもできます。詳細は、データベーステーブルのキーとインデックスの表示を参照して下さい。

    • 表示されたデータは、結果テーブルのカラムヘッダーをクリックすると、アルファベット順にソートされます。