並列化を使用したジョブパフォーマンスの最適化 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

Talendジョブでいう並列化とは、並列実行を通じて技術的な処理を完了することを意味しています。適切に設計されている場合、並列化を実現した技術的な処理は以前よりも短い期間で完了できます。

Talend Studioを使用すると、さまざまなタイプの並列化を幅広い状況で導入できます。以下の状況が含まれます:

  1. 複数のサブジョブの並列実行。詳細は、『複数のサブジョブの並列実行』を参照して下さい。

  2. データの読み取りの並列繰り返し。詳細は、『データ読み取りの並列繰り返しを起動する』を参照して下さい。

  3. サブジョブ実行のプロセス制御。詳細は、『サブジョブの並行実行のオーケストレーション』を参照して下さい。

  4. データベースへのデータ書き込みの高速化。詳細は、『並列データ書き込み』を参照して下さい。

  5. データフローの処理の高速化。詳細は、『データフローの並列化を有効にする』を参照して下さい。

並列化はTalendジョブについての基本知識を必要とする高度なフィーチャーで、ジョブまたはサブジョブをデザインして実行する方法、コンポーネントの使用方法、およびコンポーネントまたはジョブをリンクする各種接続の使用方法などの知識が求められます。この種の知識の必要性を感じる場合は、『ジョブデザインとは?』を参照して下さい。