ルートリソースの使用 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

ルートリソースを作成したら、それを[Mediation] (メディエーション)コンポーネントcSOAPおよびcMessagingEndpoint、およびSpring設定で使用できます。

ルート内でルートリソースを管理するには、ルートをダブルクリックしてデザインワークスペース内で開き、[Dependencies] (依存性)タブをクリックしてマニフェストエディターを表示します。

  • リソースを追加するには、[Resources] (リソース)エリアで、[Add...] (追加...)をクリックし、ダイアログのツリービューから必要なリソースを選択します。[OK]をクリックします。

    追加したら、[Resources] (リソース)テーブルで[Version] (バージョン)フィールドをクリックし、ドロップダウンリストの異なるリソースから使用する別のバージョンを選択することができます。

  • ルートからルートリソースを削除するには、リストからそれを選択して、[Remove] (削除)をクリックします。組み込みルートリソースは削除できません。

  • ルートリソースのパスをコピーするには、テーブルでそれを選択して、[Copy Path] (パスのコピー)をクリックすると、ルートでそれを使用できます。

[OK]をクリックして、変更を確定します。

注:

ルートで使用されるルートリソースは、リポジトリーから削除することはできません。

ルートをエクスポートすると、ルートで呼び出されるルートリソースもルートと一緒にESB Runtime KARファイルにエクスポートされます。ルートをエクスポートする方法の詳細は、ルートのビルドを参照して下さい。