SAPテーブルの取得 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

このセクションでは、SAPメタデータウィザードを使用して、対象のSAPテーブルとテーブルスキーマを取得し、接続されたSAPシステムからテーブルのデータをプレビューする方法を示します。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、新しく作成されたSAP接続を右クリックし、コンテキストメニューから[Retrieve SAP Table] (SAPテーブルの取得)を選択します。[SAP Table wizard] (SAPテーブルウィザード)ダイアログボックスが開きます。
  2. [Name] (名前)および[Description] (説明)フィールドで、必要に応じてテーブル名またはテーブルの説明のフィルター条件を入力します。次に[Search] (検索)をクリックすると、フィルター条件を満たす全てのSAPテーブルが一覧表示されます。
  3. [Name] (名前)カラムの対応するチェックボックスをオンにして対象のテーブルを1つ以上選択します。選択したテーブルは最終的に[Repository] (リポジトリー)に保存され、未選択のテーブルは[Repository] (リポジトリー)に存在すると[Repository] (リポジトリー)から削除されます。
  4. [Next] (次へ)をクリックして次のステップに進みます。
    選択した全てのテーブルは、[Table Name] (テーブル名)エリアにリストされます。既に選択されているテーブルは、[Remove Table] (テーブルの削除)をクリックすると削除することができます。
    [Refresh Table] (テーブルの更新)をクリックすると、最新のテーブルスキーマが[Current Table] (現在のテーブル)エリアに表示されます。
    [Refresh Preview] (プレビューの更新)をクリックして、選択したテーブルのデータをプレビューします。[Error Message] (エラーメッセージ)ダイアログボックスが表示された場合は、[Details] (詳細)をクリックすると、DATA_BUFFER_EXCEEDEDエラー情報が表示されます。そこで、SAP接続を編集し、正しいapi.use_z_talend_read_tableを追加してその値を[true] (真)に設定する必要があります。詳細は、『SAP接続を設定する。』を参照して下さい。
    必要に応じて、[Current Table] (現在のテーブル)エリアで選択したテーブルのスキーマを修正します。[Technical Name] (テクニカル名)または[Talend Name] (Talend名)カラムの値を修正すると、[Ref Table] (参照テーブル)カラムの値は失われます。
  5. [Finish] (終了)をクリックします。[Repository] (リポジトリー)ツリービューにあるSAP接続ノードの下のSAP Tablesフォルダーに、そのテーブルと対象のスキーマが保存されます。これで、どのテーブルノードでも、tELTSAPInputコンポーネントまたはtSAPTableInputコンポーネントとして、全てのメタデータ情報が自動的に入力された状態でジョブデザインワークスペースにドラッグ&ドロップできます。
    さらにテーブルを編集する必要がある場合は、テーブルを右クリックしてコンテキストメニューから[Edit Table] (テーブルの編集)を選択し、このウィザードをもう一度開いて変更を行います。