バインドの新しいポートタイプを作成する - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

バインドの新しいポートタイプを作成する場合は、次の手順に従います。

手順

  1. デザインワークスペースで、バインドオブジェクトを右クリックして、[Set PortType] (ポートタイプの設定) > [New PortType] (新規ポートタイプ)の順にクリックします。
  2. [New PortType] (新規ポートタイプ)ウィザードが表示されます。[Name] (名前)フィールドに、ポートタイプの名前を入力します。この名前は、それが含まれるWSDLファイル内で定義される全てのポートで一意である必要があります。[OK]をクリックします。
    この新しいポートはデザインワークスペースに作成され、バインドに接続されます。
  3. デザインワークスペースで先ほど作成したポートタイプオブジェクトをクリックして、[Properties] (プロパティ)ビューを表示します。
  4. [General] (一般設定)タブでは、ポートタイプの名前を定義できます。ポートタイプの名前を指定するには、[Name] (名前)フィールドにその名前を入力するか、[Name] (名前)フィールドのとなりの電球アイコンをクリックして、[Rename] (名前の変更)ウィザードを開きます。
    電球アイコンをクリックすると、続行する前に、すべての変更したリソースを保存するように促す[Save All Modified Resources] (変更されたすべてのリソースを保存)ダイアログボックスが表示されます。
    [OK]をクリックして、[Rename wizard] (名前の変更ウィザード)が開きます。
    [New name] (新しい名前)フィールドに新しい名前を入力します。[Update references] (参照の更新)チェックボックスをオンにして、それが含まれるWSDLファイルにこの変更を伝播させます。[Preview] (プレビュー)をクリックして、元のソースとリファクタリングされたソースを確認します。[OK]をクリックして名前の変更を確定し、ウィザードを閉じます。
  5. [Documentation] (ドキュメンテーション)タブに、ユーザーに読んでほしいポートタイプに関する情報を入力します。
  6. 拡張機能を管理するには、[Extensions] (拡張機能)タブをクリックします。拡張機能を追加、ソート、または削除することができます。

タスクの結果

ポートタイプを作成すると、それにオペレーションを追加して、メッセージを送受信できます。詳細は、『新規バインドの作成』を参照して下さい。