リモートプロジェクトにTalend Studioからアクセスする - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

始める前に

  • Talend Cloud[Downloads] (ダウンロード)ページからTalend Studioをダウンロードし、インストール済みであること。

    インストール手順は、Talend Cloudインストールガイドを参照してください。

  • Talend Cloud Management ConsoleからStudioライセンスを取得しました。

    手順は、Talend Cloud入門ガイドを参照して下さい。

手順

  1. Talend Studioを起動します。
  2. [Manage Connections](接続設定)をクリックして、新規リモート接続を設定します。
  3. お客様の地域と要件に基づいてリポジトリを選択します。
    • AWS - 米国東部
    • AWS - ヨーロッパ
    • AWS - アジア太平洋(Studio 7.1以降)
    • Azure - 米国西部(Studio 7.1以降)
    • Cloud - カスタム
    WebアプリのURLは、選択したリポジトリーに基づいて自動的に更新されます。
  4. 接続、ユーザー名、およびパスワード、またはパーソナルアクセストークンを入力します。
    ログイン名の確認やパーソナルアクセストークンの生成は、Talend Cloud内の[Profile Preferences] (プロファイル環境設定)で行います。
  5. [Workspace] (ワークスペース)フィールドのとなりの参照ボタンをクリックし、使用するフォルダーに移動します。
    フォルダーへのパスを入力するという方法も使えます。
  6. [Check url](URLの確認)をクリックしてから[OK]をクリックします。
  7. Gitプロジェクトと接続する分岐を選択します。
  8. プロジェクトに初めて接続する場合、StudioではGitの資格情報が要求されます。
    資格情報をStudioに保存して、簡単にアクセスできるようにすることもできます。
  9. [OK]をクリックします。
  10. [Finish] (終了)をクリックします。

タスクの結果

プログレスバーが表示され、プロジェクトとともにTalend Studioメインウィンドウが開きます。