影響分析/データ来歴の結果をHTMLにエクスポートする - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

Talend Studioを使用すると、選択したリポジトリアイテムに対して行われた影響分析またはデータ来歴の結果をHTMLの詳細ドキュメンテーションとして出力できます。このドキュメンテーションは、このリポジトリーアイテムを使用するジョブに関する情報を提供します。これにはプロジェクトおよび作成者の詳細、プロジェクト説明および影響を受けるジョブに対して行われた分析のグラフィカルな結果のプレビューが含まれます。

影響分析またはデータ来歴をカスタマイズしたHTMLドキュメンテーションを生成するには、次の手順に従います。

手順

  1. 影響分析またはデータ来歴で概説されているように、特定のリポジトリアイテムを分析後、[Impact Analysis] (影響分析)ビューで[Export to HTML] (HTMLへエクスポート)ボタンをクリックします。
    [Generate Documentation] (ドキュメンテーションの生成)ダイアログボックスが開きます。
  2. 生成されたドキュメンテーションアーカイブの格納場所へのパスを入力するか、または希望の場所まで移動してこのHTMLアーカイブの名前を入力します。
  3. エクスポートしたHTMLファイルを自分のCSSファイルを使用してカスタマイズする必要がある場合は、[Custom CSS template to export] (エクスポートするカスタムCSSテンプレート)チェックボックスをオンにして[CSS File] (CSS ファイル)フィールドを有効にします。HTML用の送信先フォルダーには、htmlファイル、cssファイル、xmlファイル、およびピクチャフォルダーが含まれています。
  4. [Finish] (終了)をクリックして変更を確定し、ダイアログボックスを閉じます。
    HTML出力ファイルと共にすべての必要なファイルを含むアーカイブファイルが指定パスに作成されます。
  5. 生成されたアーカイブ内のHTMLファイルをダブルクリックして、お気に入りのブラウザでそのファイルを開きます。
    下の図は、生成されたHTMLファイル例を示します。
    注: CSSのカスタマイズをHTMLへのエクスポートの環境設定として定義することも可能です。それを行うには、Documentationの環境設定(Talend > Documentation)を参照してください。

タスクの結果

アーカイブファイルはHTMLを含むすべての生成ドキュメントが集結されたものです。このHTMLはグラフィカルな分析結果のプレビューと共に分析されたジョブも保持するプロジェクトを説明するものです。