マップエディターで空エレメントを管理する - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

tXMLMaptWriteXMLFieldを使用して空エレメントを作成する場合や、出力XMLデータフローのXMLノードに入力カラムが関連付けられていない場合など、データをXMLフローに変換するプロセスで、空エレメントを作成して出力する必要が生じる場合があります。

逆に、何らかの理由で空エレメントを出力XMLツリーに保持する必要があっても、出力する必要はない場合もあります。

tXMLMapでは、空エレメントを作成するかどうかをBoolean値で設定することができます。[Map editor] (マップエディター)の出力側で、次の手順に従います。

手順

  1. ペンチのアイコンをクリックして、マップ設定パネルを開きます。
  2. パネルで[Create empty element] (空エレメントの作成)フィールドをクリックして、ドロップダウンリストから[true] (真)または[false] (偽)を選択して、空エレメントを出力するかどうかを指定します。
    • [true] (真)を選択すると、出力XMLフローに空エレメントが作成されます(例: <customer><LabelState/></customer>)。

    • [false] (偽)を選択すると、空エレメントは出力されません。