データベース接続を開く、または編集する - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio
特定のデータベースへの接続を編集し、メタデータ接続や接続情報を変更できます。

始める前に

Talend StudioProfilingパースペクティブでデータベース接続が作成されていること。詳細は、データベースへの接続を参照して下さい。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ) > [DB Connection] (DB接続)の順に展開します。
  2. 次のいずれかの手順に従います。
    • データベース接続をダブルクリックして開きます。
    • または、データベース接続を右クリックし、コンテキストメニューで[Open] (開く)を選択します。
    選択したデータベース接続の接続エディターが表示されます。
  3. 必要に応じて、[Connection Metadata] (メタデータ接続)ビューでメタデータの接続を編集します。
  4. [Connection information] (接続情報)ビューの[Edit...] (編集...)ボタンをクリックし、[Database Connection] (データベース接続)ウィザードを開きます。
  5. ウィザードの手順を実行し、必要に応じて、データベース接続の設定を変更します。
  6. [Finish] (終了)をクリックして変更を有効にします。
    ダイアログボックスが開き、更新したデータベース接続をリロードするよう指示されます。
  7. 更新したデータベース接続の新規データベース構造をリロードする場合は、[reload] (リロード)オプションを選択します。
    注: [don't reload] (リロードしない)オプションを選択した場合でも、データベースの更新後に、接続を使って分析を実行できます。
    データベース接続がStudioのプロファイリング分析に使用されている場合は、別のダイアログボックスが開き、このデータベース接続を使用する全ての分析が表示されます。データベースの新規構造をリロードすると、接続を使用する全ての分析が使用できなくなり、警告が表示されます。その場合でも[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューには常に分析が表示されます。
  8. [OK]をクリックしてデータベース構造のリロードを行うか、[Cancel] (キャンセル)をクリックしてオペレーションを中止し、ダイアログボックスを閉じます。
    複数の確認のメッセージが次々に表示されます。
  9. [OK]をクリックして、メッセージを閉じ、新規接続の構造をリロードします。