[Component] (コンポーネント)ビューから変数を定義する - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

単一のコンテキスト変数を作成する一番簡単な方法は、[Component] (コンポーネント)ビューからF5キーを使用することです。次の例では、ジョブ内のコンポーネントにファイルパスを設定する間にコンテキスト変数を作成する方法を説明します。

手順

  1. 適切な[Component] (コンポーネント)ビューで、パラメーターを入力するフィールドにカーソルを合わせます。
  2. F5を押して[New Context Parameter] (新規コンテキストパラメーター)ダイアログボックスを表示します。
  3. 新しい変数に[Name] (名前)を付け、必要に応じて[Comment] (コメント)フィールドに入力し、[Type] (タイプ)を選択します。
    注: 一定の規則に従って変数名を入力し、スペースなどの禁止文字を含めないで下さい。
  4. 現在のジョブ実行でこの変数の使用を確認するために表示する[Prompt] (プロンプト)を入力し(一般にテスト目的で使用)、実行時にプロンプトメッセージおよび編集可能な値フィールドを表示するために[Prompt for value] (値のプロンプト)チェックボックスをオンにします。
  5. 対応するプロパティフィールドにすでに値が入力している場合、この値が[Default value] (デフォルト値)フィールドに表示されます。それ以外の場合、コンテキストに使用するデフォルト値を入力します。
  6. [Finish] (終了)をクリックして確定します。
  7. [Contexts] (コンテキスト)ビュータブに進みます。コンテキスト変数タブは、新規作成した変数をリストしています。

タスクの結果

新規作成した変数は、[Contexts] (コンテキスト)ビューにリストされます。このようにして作成した変数はすべて既存コンテキストに自動的に格納されますが、後でコンテキストを個別に変更できます。コンテキストの作成または編集方法の詳細は、コンテキストの定義を参照して下さい。

関連項目: