接続パラメーターの命名 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューでContexts (コンテキスト)ノードの下の接続パラメーターを connection_<application_name>_parameter_name>という形式で定義します。ここで
    connection_
    固定のプレフィックス
    <application_name>
    は接続先のシステム名の変数を表し、
    <parameter_name>
    は接続パラメーターの名前の変数を表します。

    単一の単語のパラメーター名には小文字を使用し、複数の単語のパラメーター名にはcamelCaseで単語を「アンダースコア」で区切ります。

    詳細は、接続パラメーターの設定を参照して下さい。
  2. アーティファクトとコンテキストパラメーターをクラウドにパブリッシュします。
    パラメーターフィールドは、タスクのテストまたは実行時にWebユーザーが接続するシステムをランタイムで選択する際に、プロンプト画面で表示されます。
    事前定義され、デフォルトでサポートされているすべてのコンテキスト接続は、命名規則に従っています。リストについては、サポートされる接続を参照して下さい。