エディターをJRXMLテンプレートに関連付ける - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

レポートツールにリスト表示されているテンプレートを開き編集できるように、JRXMLファイルに選択したエディターを関連付けることができます。

始める前に

  • Talend StudioProfilingパースペクティブを選択していること。
  • レポーティングツールをダウンロード済みであること。
重要: 使用しているデータクオリティのStudioのバージョンと互換性があるバージョンのレポーティングツールをダウンロードします。互換性があるバージョンの詳細は、Talend StudioでJRXMLテンプレートを使用するを参照してください。

手順

  1. メニューバーで[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)をクリックします。
  2. [General] (一般) > [Editors] (エディター)を展開して[File Associations] (ファイル関連付け)を選択します。
  3. 追加するファイルのタイプを定義するには、[Add...] (追加...)をクリックします。
    [Add File Type] (ファイルタイプの追加)ダイアログボックスが表示されます。
  4. [File type] (ファイルタイプ)フィールドに、.JRXMLと入力します。
  5. [OK]をクリックします。
  6. [Associated editors] (関連するエディター)領域の横にある[Add...] (追加...)をクリックします。
  7. [External programs] (外部プログラム)オプションを選択します。
  8. ダウンロードしたレポートツールを選択するには、次のいずれかの方法を実行します:
    • リストからJRXMLファイルタイプのエディターを選択します。
    • [Browse] (参照)をクリックして、ツールを参照します。
    レポートツールが[External programs] (外部プログラム)リストに表示されます。
  9. [OK]をクリックします。
    選択されたエディターが[Associated editors] (関連付けられたエディター)リストに表示されます。
  10. [Preferences] (設定)ウィンドウを閉じるには、[File Associations] (ファイルの関連付け)ビューで[OK]をクリックします。
  11. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー) > [JRXML Template] (JRXMLテンプレート)の順に展開します。
  12. リストされているテンプレートのいずれかをダブルクリックします。
    テンプレートはレポートツールに直接開きます。
  13. テンプレートを編集して保存します。
    Studioでテンプレートが更新されます。