コンテキストとしての接続のエクスポート - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

始める前に

データベース接続またはファイル接続が作成されていること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ)を展開します。
  2. 以下をダブルクリックします。
    アイテム 内容...
    データベース接続 接続エディターで開いてから、[Connection information] (接続情報)パネルの[Edit...] (編集...)をクリックして、接続ウィザードを開きます。
    ファイル接続 接続ウィザードを開きます。
  3. オプション: 次のいずれかのオペレーションを実行できます。
    • [Database Connection] (データベース接続)ウィザードで、必要に応じて接続情報を修正し、[Next] (次へ)をクリックします。

      ウィザードで、データベース名、スキーマ名、またはカタログ名が定義されていることを確認します。これにより、異なるコンテキストに切り替えるときに、正しいデータベースストラクチャーを取得できます。
    • ファイル接続ウィザードで、必要に応じて接続情報を修正し、[Next] (次へ)をクリックします。
  4. [Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)をクリックします。
    [Create/Reuse a context group] (コンテキストグループの作成/再利用)ウィザードが表示されます。
  5. 新しいコンテキストを作成して、それをリポジトリーに保存するか、既にリポジトリーに一元化されているコンテキストグループを使用するかを選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  6. 新しいコンテキストを作成する場合は、コンテキストメタデータを設定し、[Next] (次へ) > [Finish] (終了)をクリックします。
    選択されたデータベース接続またはファイル接続の変数および値は、ウィザードで自動的に定義され、新しいコンテキストにはDefaultという名前が付けられます。
  7. 必要に応じて、ウィザードの右上の[+]ボタンをクリックし、コンテキスト名を変更します。[OK]をクリックします。
  8. [Finish] (終了)をクリックして、[Create/Reuse a context group] (コンテキストグループの作成/再利用)ウィザードを終了します。
    [Database Connection] (データベース接続)ウィザードでは、すべての接続設定はコンテキストとして設定され、読み取り専用になります。
    ファイル接続ウィザードでは、すべての接続設定はコンテキストとして設定され、読み取り専用になります。
    コンテキストグループを開き、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[Contexts] (コンテキスト)ノードから編集できます。
  9. [Finish] (終了)をクリックし、ウィザードを閉じます。
    接続ウィザードの下部にある[Revert Context] (コンテキストから戻す)をクリックして、いつでも現在のデータベース接続またはファイル接続を最初の状態に切り替えることができます。
    必要に応じて接続タイプの変更を、その接続を使用するすべてのジョブおよび分析にプロパゲートするよう促すメッセージが表示されます。
  10. [Yes] (はい)をクリックしてオペレーションを確定し、メッセージとダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

データベース接続またはファイル接続はコンテキストとしてエクスポートされ、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[Contexts] (コンテキスト)ノードの下にコンテキストアイテムとして一覧表示されます。