Talend Cloud機能アーキテクチャ - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

Talend Cloud機能アーキテクチャの図は、2つの主要部分、ローカルネットワークとクラウドインフラに分かれます。

ローカルネットワーク

ローカルネットワークには、Webブラウザ、Talend Studio、およびRemote Engineまたはパイプライン用のリモートエンジンが含まれています。

  • Webブラウザーから、さまざまなクラウドアプリケーションにアクセスできます。

  • Talend Studioから、次のことができます:
    • データ統合ジョブ、ルート、またはサービスをタスクとしてTalend Cloud Management Consoleにパブリッシュし、Webユーザーが利用できるようにして、クラウドで実行します。
    • tDatasetInput、tDatasetOutput、およびtDataprepRunコンポーネントを使用することで、Talend Cloud Data Preparationの機能を活用できます。さまざまなデータセットからデータセットを作成してTalend Cloud Data Preparationにエクスポートしたり、データ統合ジョブまたはSparkジョブでプレパレーションを直接利用したりすることができます。
    • tDataStewardshipTaskOutput、tDataStewardshipTaskInput、tDataStewardshipTaskDeleteのジョブを使用して、Talend Cloud Data Stewardshipで作成されたキャンペーンのタスクを読み込み、取得、または削除します。
    • API定義をTalend Cloud API Designerから直接インポートし、サービスの実装に使用します。続いて、Talend Cloud API Testerをテストし、Talend Cloudにパブリッシュすることができます。
  • Talendリモートエンジンは、オンプレミスのジョブ、タスク、およびプレパレーション、またはパイプラインを実行するために使用されます。

    Talend RuntimeTalendリモートエンジンと同じマシンで実行されている場合は、ルート、データサービス、およびタスクをオンプレミスで実行することもできます。

  • Talend Cloud API Testerで、リクエストとシナリオを作成またはインポートし、APIをテストすることができます。Mavenプラグインを使用してテストを自動化することもできます。

クラウドインフラストラクチャー

クラウドインフラストラクチャーには、クラウドアプリケーションとCloud Engineが含まれます。
  • Talend Cloud Management Consoleでは、ロール、ユーザー、プロジェクト、およびアクセスライセンス情報を管理できます。クラウドアプリケーションの新しいユーザーを作成し、カスタムグループに割り当てることができます。その後、ロールを決定し、ユーザーに割り当てることができます。Talend Cloud Management Consoleは、Talend Studioライセンスファイルを保存し、Studioで共同作業するプロジェクトを作成することができます。加えて、Webユーザーのデータおよびファイル転送、データ統合、および共有データソースへのアクセスを有効にすることができます。たとえば、アプリケーション間のデータ交換と同期を自動化する、設定済みのサンプルタスクまたはデザインタスクをインポートして使用できます。
  • Talend Cloud Pipeline Designerでは、保存データや実行データの処理、エンリッチ、変換を行うために、複雑なエンドツーエンドのパイプラインをデザインすることができます。組み込みのCloud Engine for Pipelines、またはVirtual Private Cloudにインストールされている、もしくはオンプレミスのパイプライン用のリモートエンジンを使用して、これらのパイプラインを実行することができます。
  • Talend Cloud Data Preparationでは、ローカルファイルやその他のソースからデータをインポートし、新しいプレパレーションを作成することでクレンジングまたは充実化できます。
  • Talend Cloud Data Stewardshipでは、キャンペーン所有者はデータ資産を管理し、データのキュレーション、調停、または検証に関する共同作業が必要な場合には、データのやり取りを整理します。
  • Talend Dictionary Serviceでは、Talend Cloud Data PreparationまたはTalend Cloud Data Stewardshipで開いた場合に、データの各カラムに適用されるセマンティックカテゴリーを追加、削除、または変更できます。
  • Talend Cloud API Designerでは、APIをデザインするか、または既存の定義をインポートし、そのドキュメンテーションをパブリッシュし、モックを作成することができます。続いて、OpenAPI仕様/SwaggerまたはRAMLの定義をエクスポートすることができます。また、デザインのどのステップでもTalend Cloud API TesterでAPIをテストすることができます。

Cloud Engineは、クラウドのアーティファクト、タスク、プレパレーション、またはパイプラインを実行するために使用されます。ルートとデータサービスは、Remote Engine/ランタイムにのみデプロイできます。