ルートレットを最初から作成する - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

Talend Studioの[Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Routelets] (ルートレット)ノードをクリックし、ルートレットツリーを展開します。

手順

  1. [Route·Designs]·(ルートデザイン)>[Routelets] (ルートレット)ノードを右クリックし、コンテキストメニューの[Create Routelet] (ルートレットの作成)を選択します。
  2. [New Routelet] (ルートレットの新規作成)ダイアログボックスで、少なくとも[Name] (名前)フィールドに入力してルートレットに指定します。ルートレットを管理しやすくするために、[Purpose] (目的)や[Description] (説明)などの情報を追加することもできます。

    フィールド

    説明

    [Name] (名前)

    新しいルートレットの名前を入力します。禁止文字を入力すると、メッセージが表示されます。

    [Purpose] (目的)

    ルートレットの目的、または使用中のルートレットに関する有用な情報を入力します。

    [Description] (説明)

    必要に応じて説明を入力します。

    [Author] (作成者)

    このフィールドは読み取り専用で、デフォルトでは現在のユーザーログインが表示されます。

    [Locker] (ロック保持者)

    このフィールドは読み取り専用で、デフォルトでは現在のユーザーログインが表示されます。

    [Version] (バージョン)

    [Version] (バージョン)フィールドは読み取り専用です。[M]および[m]ボタンを使用して、手動でバージョンを高くすることができます。

    [Status] (ステータス)

    リストでステータスを選択します。デフォルトでは、選択できるステータスは、[development] (開発)、[testing] (テスト)、または[production] (本番)です。その他のステータスを定義するには、ステータス設定を参照して下さい。

    [Path] (パス)

    このフィールドは読み取り専用で、リポジトリ内のアイテムアクセスパスを参照しています。アイテムがルートフォルダーに作成されている場合、このフィールドは空です。

  3. [Finish] (終了)をクリックし、設定を確定してダイアログボックスを閉じます。
    空の設計ワークスペースが開き、タブラベルとしてルートレット名が示されます。
  4. 必要なコンポーネントを含め、接続します。通常のルートで行うのと同じようにコンポーネントを設定します。

タスクの結果

ルートレット内にルートレットを含めることもできます。

次の手順では、通常のルートで作成したルートレットを使用します。