一時フォルダーパラメーターの定義 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio
Studioでアーティファクトをデザインして、Talend Cloud Management Consoleでタスク実行中に一時フォルダーを使用できるようにすることができます。

始める前に

  • StudioでTalend Cloudライセンスが設定済みであること。

このタスクについて

Talend Cloud Management Consoleでタスクの実行時に一時フォルダーが必要な場合は、このコンテキストパラメーターを使用します。一時フォルダーは、タスクがトリガーされる前に作成され、タスクのすべてのアクションで使用できます。フォルダーはタスク実行後に削除されます。

手順

  1. tFixedTaskInputコンポーネントを使用してアーティファクトを作成し、2つのカラムと2つのデータ行を生成し、tFileOutputRawコンポーネントを使用してデータを2つのファイルに書き込みます。

    コンポーネントを設定するには、コンテキスト変数を使用します。

  2. パレットから3つのtJobLogコンポーネントをドロップします:
  3. 最初のtJobLogOnSubjobOkリンクで最初のtFixedTaskInputにリンクします。
    tJobLogで次のログメッセージを定義します: "Working Folder is: " (作業用フォルダー:) + context.resource_flow_temp_folder
  4. tFileOutputRawのリンクで、2番目と3番目のtJobLogコンポーネントをOnComponentOkコンポーネントにリンクします。
    ログメッセージを定義します: "Wrote file: "(書き込みファイル) + ((String)globalMap.get("tFileOutputRaw_1_FILENAME_PATH"))および"Wrote File: "(書き込みファイル) + ((String)globalMap.get("tFileOutputRaw_2_FILENAME_PATH"))
  5. [Contexts] (コンテキスト)ビューの下部の[+]ボタンをクリックして、テーブルに3行追加します。

    このタブがStudioに表示されない場合は、[Show view] (ビューの表示) > Talendをクリックし、[Contexts] (コンテキスト)を選択します。

  6. コンテキストパラメーターはすべて小文字で定義します:
    1. 一時ファイルの場合は、resource_flow_temp_folderの形式にします。
    2. この例では、パラメータータイプをString (文字列)に設定し、Value (値)フィールドの一時フォルダーにパスを設定しています。
      必要に応じて、File (ファイル)またはDirectory (ディレクトリー)にパラメータータイプを設定できます。
    3. 作成するファイルについては、parameter_<parameter_name>の形式にします。
  7. Studioでアーティファクトを実行してテストします。
    一時フォルダーは、指定したディレクトリーの2つのファイルで作成されます。
  8. [Repository] (リポジトリー)ツリービューでアーティファクトを右クリックし、[Publish to Cloud] (クラウドにパブリッシュ)を選択します。
  9. [Open Job Task] (ジョブタスクを開く)をクリックします。
  10. パラメーターを設定した後に、Talend Cloud Management Consoleでアーティファクトを実行します。
  11. tJobLogコンポーネントにより生成されるログメッセージを確認します。
    ログメッセージには、タスク実行中に一時フォルダーが作成されたことが示されます。