ローカルファイルからの設定のインポート - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

インポートウィザードで[Import configuration from local files] (設定をローカルファイルからインポート)を選択すると、次のウィザードが開いて、ローカルマシンで使用するHadoop設定ファイル(主に*-site.xmlファイル)を選択することができます。

このウィザードで次の手順に従います。

手順

  1. [Browse...] (参照...)をクリックして、使用するローカル設定ファイルが保存されているフォルダーにアクセスし、[OK]をクリックして設定をこのウィザードにリストします。
    これらの設定ファイルは、ローカルマシン内のショートアクセスパスを使用して保存することを推奨します。
    次の図は、ClouderaでHDFS、MapReduce、Yarnの設定に使用するファイルの一部を示しています。これらのサンプルファイルは、Cloudera Managerによってダウンロードされ、自動的に生成されます。
  2. 設定リストから、インポートする設定を選択します。たとえば、HDFS用やMAPREDUCE2用の設定です。次に[Finish] (終了)をクリックします。
    該当する設定情報が、[Hadoop cluster connection] (Hadoopクラスター接続)ウィザードの次の手順で自動的に入力されます。

  3. このため、デフォルト設定がカスタム設定で上書きされるように、このチェックボックスを選択することが重要です。

  4. [Check services] (サービスのチェック)ボタンをクリックして、このウィザードで指定したネームノードおよびリソースマネージャーサービスにStudioから接続できることを確認します。
    プロセスの確認と接続状態を示すダイアログボックスが表示されます。ここで接続失敗と表示される場合、接続ウィザードで定義した接続情報を再確認して更新する必要があります。
  5. [Finish] (終了)をクリックして変更を確定します。

タスクの結果

この[Hadoop cluster connection] (Hadoopクラスター接続)ウィザードの自動入力フィールドについてさらに詳しい情報が必要な場合は、手動による接続の設定を参照して下さい。