テストケースの作成 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

ジョブのテストケースを作成するには、次の手順に従います。

手順

  1. テストケースを作成するジョブを開きます。
  2. テストを行うジョブの機能部分(この例ではtMapコンポーネント)を右クリックし、コンテキストメニューから[Create Test Case] (テストケースの作成)を選択します。
  3. [Create Test Case] (テストケースの作成)ダイアログボックスで、[Name] (名前)フィールドにテストケースの名前を入力し、必要に応じて、対応する各フィールドに目的や説明などのオプション情報を入力します。
  4. [Create a Test Skeleton] (テストスケルトンの作成)チェックボックスを選択してテストケースの動作に必要なコンポーネントが自動的に追加されるようにし、[Finish] (終了)をクリックします。
    注:

    このチェックボックスをオフにすると、指定するコンポーネントを手動で追加してテストケースを実行する必要があります。

    テストケースが作成され、デザインワークスペースで開きます。必須のコンポーネントは全て自動的に追加されています。[Repository] (リポジトリー)ツリービューで、新しく作成したテストケースがジョブの下に表示されます。
    デフォルトでは、テストスケルトンには以下が含まれています。
    • 1つ以上のtFileInputDelimitedコンポーネント。入力ファイルをロードするジョブ内の入力フローの数によります。

    • 1つ以上のtCreateTemporaryFileコンポーネント。ジョブ内の出力フローの数によります。これは、出力データを保存する1つ以上の一時ファイルを作成するためのものです。

    • 1つ以上のtFileOutputDelimitedコンポーネント。ジョブ内の出力フローの数によります。これは、以前に作成した一時ファイルに出力フローからデータを書き込むためのものです。

    • 1つ以上のtFileCompareコンポーネント。一時出力ファイルを参照ファイルと比較するためのジョブ内の出力フローの数によります。比較されたファイルペアが同一であれば、テストは成功と見なされます。

    • 1つ以上のtAssertコンポーネント。ジョブ内の出力フローの数によります。これは、比較されたファイルペアが異なる場合にテストの失敗を示す警告メッセージを表示するためです。

    また、入力および出力フローの数により、入力ファイルと参照ファイルを指定するために、個数が可変なコンテキスト変数が自動的に作成されます。
    この例では、実行時にテストケースで次の処理が行われます。
    • 2つの入力ファイル(1つはメイン入力、もう1つはルックアップ入力)からテストのためのソースデータを読み取る。

    • tMapコンポーネント内のデータを処理する(テストの一部)。

    • 処理結果をLocal temporaryファイルに書き込む。

    • 一時出力ファイルを参照ファイルと比較する。参照ファイルにはデータ処理の想定される結果が含まれている。