分析するテーブルの選択 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

手順

  1. [DB Connections] (DB接続)を展開し、分析するテーブルを参照して選択します。
  2. [Finish] (終了)をクリックして、[Create New Analysis] (新規分析の作成)ウィザードを閉じます。
    注: [New Analysis] (新規分析)ウィザードで[Next] (次へ)ボタンをクリックすると、現在の分析に追加するデータクオリティルールを直接選択できます。この操作はまた、次の手順にあるように[Analyzed Tables] (分析対象テーブル)ビューの後の段階で選択することもできます。
    定義された分析メタデータとともに分析エディターが開き、新規作成された分析用のフォルダーが[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービュー内の[Analyses] (分析)の下に表示されます。
  3. 必要に応じて、次の手順に従います。
    • [Select Tables] (テーブルの選択)をクリックして[Table Selection] (テーブル選択)ダイアログボックスを開き、分析する新しいテーブルを選択します。

      [Table filter] (テーブルフィルター)フィールドや[Column filter] (カラムフィルター)フィールドに必要なテキストを入力すると、テーブルやカラムのリストをフィルタリングできます。リストには、入力したテキストに対応するテーブルまたはカラムのみ表示されます。

    • [Connection] (接続)リストから別の接続を選択し、別のデータベースに接続します。このリストには、Talend Studioで作成した全ての接続が含まれています。[Analyzed Tables] (分析対象テーブル)ビューに表示されているテーブルが、新しく設定するデータベース接続にない場合は警告メッセージが表示され、オペレーションを続行またはキャンセルできます。
  4. [Analyzed Columns] (分析対象カラム)ビューにリスト表示されているいずれかのカラムを右クリックして[Show in DQ Repository view] (DQリポジトリービューで表示)を選択すると、選択されたカラムがツリービューの対応する接続の下へ自動的に配置されます。