データサービスジョブをサービス操作に割り当てる - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

WSDLファイルを作成したら、WSDLファイルのそれぞれの操作をデータサービスプロバイダージョブに割り当てて、Webサービスを実装する必要があります。新しいデータサービスジョブを作成したり、既存のものを割り当てたりすることができます。

操作がいずれのバインドにも定義されていない場合、[Repository] (リポジトリー)ツリービューの操作ノードにエラーアイコンが自動的に表示されて、ジョブをそれに割り当てることができません。

これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューのサービスの操作ノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Assign Job] (ジョブの割り当て)を選択します。
    操作がいずれのバインドにも定義されていない場合、コンテキストメニューで[Assign Job] (ジョブの割り当て)オプションを使用することはできません。
  2. [Assign Job] (ジョブの割り当て)ウィザードが開き、[Create a new Job and Assign it to this Service Operation] (新規ジョブをサービスに割り当て)または[Assign an existing Job to this Service Operation] (既存ジョブをサービスに割り当て)を行うよう促されます。
    • 新しいジョブを作成するには、[Create a new Job and Assign it to this Service] (新規ジョブをサービスに割り当て)オプションを選択し、[Next] (次へ)をクリックします。

      [New Job] (新規ジョブ)ウィザードが開きます。デフォルトでは、ジョブの名前が既に[Name] (名前)フィールドに設定されています。これが操作名になります。この名前を変更して、必要に応じてジョブのプロパティを入力します。ジョブのプロパティを定義する方法についての詳細は、ジョブの作成を参照してください。
      警告: Studioでは、サービスとジョブに同じ名前を使用しないで下さい。

      [Finish] (終了)をクリックして作成を確定します。

      デザインワークスペースにジョブのドラフトが開きます。tESBProviderRequesttESBProviderResponseコンポーネントが既に選択され、設定されています。tESBProviderResponse[Property Type] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリ)に設定され、操作の名前はデフォルトで取得されています。tESBProviderRequestは、指定されたWebサービスに送信されたすべての要求をリッスンし、tESBProviderResponseはその要求に対する応答を返送します。この2つのコンポーネントは、[Palette] (パレット)の[ESB]ファミリーの[Web Services] (Webサービス)にあります。データサービスプロバイダージョブは、データ統合プロセスの独自のニーズに応じてデザインし、Webサービスをパブリッシュするジョブを実行することができます。

      ジョブをデザインする方法の詳細は、ジョブデザインとは?を参照して下さい。

      実際のデータサービスジョブを作成する方法を示すシナリオは、https://help.talend.comデータサービスを作成する方法 を参照して下さい。

    • 既存のデータサービスジョブを操作に割り当てるには、[Assign an existing Job to this Service Operation] (既存ジョブをサービスに割り当て)オプションを選択して、[Next] (次へ)をクリックします。

      [Assign Job] (ジョブの割り当て)ウィザードが開きます。ジョブのリストをフィルター処理するための検索文字列を入力することができます。すべてを表示する場合は、フィールドを空白のままにします。ツリービューから必要なジョブを選択し、[Finish] (終了)をクリックして、それを操作に割り当てます。

  3. ジョブがサービス操作に割り当てられると、デザインワークスペースでそれを開けるようになります。それを開くには、その操作をダブルクリックするか、操作を右クリックしてコンテキストメニューから[Edit Job] (ジョブの編集)を選択します。ただし、操作がいずれのバインドにも定義されていないと、ジョブが割り当てられていても、その操作は機能しません。