Google Driveメタデータの一元管理 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio
Talend Studioでは、Google Drive接続の詳細を[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)フォルダーで一元管理できます。また、Google Driveコンポーネントの使用時に確立された接続を使用してGoogle Driveに接続することができます。

手順

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、[Google Drive]ツリーノードを右クリックしてコンテキストメニューから[New GoogleDrive Connection] (新しいGoogleDrive接続)を選択し、[New Google Drive Connection] (新しいGoogle Drive接続)ウィザードを開きます。
  2. 使用するOAuthメソッドに応じて、以下のテーブルにリストされているプロパティに値を指定します。
    Property 説明
    [Name] (名前) 作成するGoogle Drive接続の名前。

    [Application Name] (アプリケーション名)

    Google DriveがそのAPIへのアクセスに必要とするアプリケーション名。

    [OAuth Method] (OAuthメソッド)

    Google Driveへのアクセスに使用するOAuthメソッドをドロップダウンリストから選択します。

    • [Access Token (deprecated)] (アクセストークン(非推奨)): Google Driveへのアクセスにアクセストークンを使用します。

    • [Installed Application (Id & Secret)] (インストール済みのアプリケーション(IDとシークレット)): Google API Consoleを使用して作成したクライアントIDとクライアントシークレットを使用してGoogle Driveにアクセスします。このメソッドの詳細は、Google Identity Platform > [Installed applications] (インストール済みのアプリケーション)を参照して下さい。

    • [Installed Application (JSON)] (インストール済みのアプリケーション(JSON)): Google API Consoleを使用して作成したクライアントシークレットJSONファイルを使用します。また、Google DriveにアクセスするためのクライアントID、クライアントシークレット、およびその他のOAuth 2.0パラメーターが含まれています。

    • [Service Account] (サービスアカウント): Google API Consoleを使用して作成したサービスアカウントJSONファイルを使用してGoogle Driveにアクセスします。このメソッドの詳細は、[Google Identity Platform] > [Service accounts] (サービスアカウント)を参照してください。

    各メソッドを使用してGoogle Driveにアクセスする方法の詳細は、xhj1550478062960.htmlを参照してください。

    [Access Token] (アクセストークン)

    Google Developers OAuth 2.0 Playgroundを使用して生成されたアクセストークン。

    このプロパティは、[OAuth Method] (OAuthメソッド)ドロップダウンリストでAccess Token(アクセストークン)が選択されている場合にのみ利用できます。

    [Client ID] (クライアントID)[Client Secret] (クライアントシークレット)

    クライアントIDとクライアントシークレット。

    この2つのプロパティは、[OAuth Method] (OAuthメソッド)ドロップダウンリストでInstalled Application (Id & Secret) (インストール済みのアプリケーション(IDとシークレット))が選択されている場合にのみ利用できます。

    [Client Secret JSON] (クライアントシークレットJSON)

    クライアントシークレットJSONファイルへのパス。

    このプロパティは、[OAuth Method] (OAuthメソッド)ドロップダウンリストでInstalled Application (JSON) (インストール済みのアプリケーション(JSON))が選択されている場合にのみ利用できます。

    [Service Account JSON] (サービスアカウントJSON)

    サービスアカウントJSONファイルへのパス。

    このプロパティは、[OAuth Method] (OAuthメソッド)ドロップダウンリストでService Account(サービスアカウント)が選択されている場合にのみ利用できます。

    [DataStore Path] (DataStoreパス)

    更新トークンを保存するクレデンシャルファイルへのパス。

    このプロパティは、[OAuth Method] (OAuthメソッド)ドロップダウンリストでInstalled Application (Id & Secret)またはInstalled Application (JSON)が選択されている場合にのみ利用できます。

    [Use Proxy] (プロキシの使用)

    プロキシの背後で作業する場合は、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにした状態で、以下のパラメーターに値を指定する必要があります:

    • [Host] (ホスト): HTTPプロキシサーバーのIPアドレス。

    • [Port] (ポート): HTTPプロキシサーバーのポート番号。

    Use SSL (SSL の使用)

    SSL接続を使用してGoogle Driveにアクセスする場合は、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにした状態で、以下のパラメーターに値を指定する必要があります:

    • [Algorithm] (アルゴリズム): SSL暗号法アルゴリズムの名前。

    • [Keystore File] (キーストアファイル): クライアントが信頼する証明書のリストを含む証明書トラストストアファイルへのパス。

    • [Password] (パスワード): トラストストアデータの整合性チェックに使用するパスワード。

  3. [Test connection] (接続のテスト)をクリックして設定を確認します。

    OAuthメソッドのAccess Token (deprecated) (アクセストークン(非推奨))、Installed Application (Id & Secret) (インストール済みのアプリケーション(IDとシークレット))、またはInstalled Application (JSON) (インストール済みのアプリケーション(JSON))を使用している場合は、Webブラウザにウィンドウが表示され、アカウントの選択が求められて、Google Driveへのアクセスが許可されます。Webブラウザでの認証後に、接続が成功したことを示すダイアログボックスがTalend Studioに表示されます。

  4. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、[Finish] (終了)をクリックします。

    新規作成されたGoogle Drive接続が[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Google Drive]ノードの下に表示されます。

    新しいGoogle Drive接続ノードをドラッグ&ドロップしてGoogle Driveコンポーネントをデザインワークスペースに追加し、接続情報を再利用できるようになりました。コンポーネントメタデータをワークスペースにドロップすることについての詳細は、一元管理されたメタデータをジョブ内で使用するを参照して下さい。Google Driveコンポーネントの使用については、Google Driveコンポーネントの関連ドキュメンテーションを参照して下さい。

    作成したGoogle Drive接続メタデータを変更するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで接続ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit GoogleDrive Connection] (GoogleDrive接続の編集)を選択し、メタデータセットアップウィザードを開きます。