ESB Runtime KARファイルへのルートをビルドする - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

ESB Runtime KARファイルへのルートをビルドするには、以下のようにします:

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューでビルドするルートを右クリックし、[Build Route] (ルートのビルド)を選択して[Build Route] (ルートのビルド)ダイアログボックスを開きます。
    注:

    [Build Route] (ルートのビルド)ダイアログボックスでおよびのボタンをそれぞれクリックすることにより、Talend Studioで作成したすべてのジョブのツリービューの表示/非表示を直接切り替えることができます。これにより、エクスポート対象の選択アイテムを修正する際に、ダイアログボックスを閉じて[Repository] (リポジトリー)Talend Studioツリービューに戻って修正せず、直接ダイアログボックスから操作できます。

  2. [To archive file] (ファイルのアーカイブ先)フィールドで、ビルドしたルートを保存するディレクトリーまで移動します。
  3. 複数バージョンのルートが作成されている場合、[Route Version] (ルートバージョン)エリアでビルドするルートのバージョン番号を選択します。
  4. [Build Type] (ビルドタイプ)エリアでは、[ESB Runtime Kar file] (ESBランタイムKARファイル)がデフォルトで選択されています。
  5. [Finish] (終了)をクリックして変更を確定し、エクスポートオペレーションを完了してダイアログボックスを閉じます。
  6. ビルドされたルートを再ビルドしてMaven型のKARにする場合には、[Options] (オプション)エリアの[Add maven script] (Mavenスクリプトの追加)チェックボックスを選択して、必要なMavenスクリプトをターゲットアーカイブに含めます。この場合のスクリプトは.zipファイルです。

タスクの結果

定義された場所にルート用の.karまたは.zipファイルが作成されます。