接続の詳細をコンテキスト変数としてエクスポートする - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

接続の詳細をリポジトリーの新しいコンテキストグループのコンテキスト変数としてエクスポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. ウィザードでメタデータ接続を作成または編集するときに、[Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)をクリックします。
  2. 開いた[Create / Reuse a context group] (コンテキストグループの作成/再利用)ウィザードで、[Create a new repository context] (リポジトリーコンテキストの新規作成)を選択してから[Next] (次へ)をクリックします。
  3. 作成するコンテキストグループの名前を入力し、必要に応じて説明などの一般情報を追加します。
    メタデータエントリの名前はウィザードによってコンテキストグループ名として提示されます。リポジトリーのコンテキストグループの上にマウスを移動すると、[Description] (説明)フィールドに入力した情報がツールヒントとして表示されます。
  4. [Next] (次へ)をクリックしてコンテキストグループを作成および表示するか、[Finish] (終了)をクリックしてコンテキストの作成を完了し接続ウィザードに直接戻ります。
    この例では、[Next] (次へ)をクリックします。
  5. コンテキストグループの生成結果を確認します。
    コンテキスト変数を編集するには、接続ウィザードを終了した後、リポジトリーの[Contexts] (コンテキスト)ノードに移動し、新規作成されたコンテキストグループを右クリックして、[Edit context group] (コンテキストグループの編集)を選択し[Create / Edit a context group] (コンテキストグループの作成/編集)ウィザードを開きます。
    デフォルトのコンテキストを編集する場合、または新しいコンテキストを追加する場合は、ウィザードの右上の[+]ボタンをクリックします。
    新しいコンテキスト変数を追加するには、ウィザードの下部にある[+]ボタンをクリックします。
    コンテキストおよび変数の処理についての詳細は、コンテキストおよび変数の使用を参照して下さい。
  6. [Finish] (終了)をクリックしてコンテキストの作成を完了し接続ウィザードに戻ります。
    ウィザードの関連する接続の詳細フィールドは、コンテキスト変数で設定されます。
    接続の詳細の設定を解除するには、[Revert Context] (コンテキストから戻す)ボタンをクリックします。