インジケーターで実行したクエリーの保存 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

Studioの Data Explorer パースペクティブで、分析で使用したさまざまなインジケーターに基づいて実行したクエリーを表示できます。データエクスプローラーから、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[Libraries] (ライブラリー) > [Source Files] (ソースファイル)フォルダーの下にクエリーを保存して表示できます。

前提条件: Studioで Profiling パースペクティブを選択していること。インジケーターを使った分析が少なくとも1つ作成されていること。

カラム分析で設定したインジケーターに基づいて実行したクエリーを保存するには、以下のようにします:

手順

  1. カラム分析エディターで、使用したインジケーターを右クリックし、コンテキストメニューを開きます。
  2. [View executed query] (実行したクエリーを表示する)を選択し、データエクスプローラーで選択したインジケーターに基づいて実行したクエリーを開きます。
    Data Explorer パースペクティブがStudioに存在しない場合は、データクオリティを正しく機能させるために必要な特定のSQL Explorerライブラリーをインストールする必要があります。インストールしていないとエラーメッセージが表示されることがあります。
    外部モジュールの識別とインストールの詳細は、『』『 Talendインストールおよびアップグレードガイド 』を参照してください。
    注: データエクスプローラーでは、ユーザー名が空白の接続(MS SQL Serverのシングルサインオンなど)はサポートされていません。そのような接続を使ってデータを分析し、実行したクエリーを Data Explorer パースペクティブで表示しようとすると、SQL Serverへの接続資格情報を設定するよう警告メッセージが表示されます。
  3. エディターのツールバーで保存アイコンをクリックし、[Select folder] (フォルダーの選択)ダイアログボックスを開きます。
  4. [Source Files] (ソースファイル)フォルダーまたはその下のサブフォルダーを選択し、[Name] (名前)フィールドに開いているクエリーの名前を入力します。
  5. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    [DQ Repository] (DQ リポジトリー) ツリービューの選択したフォルダーの下に選択したクエリーが保存されます。