Talend StudioにおけるWebhookパラメーターの定義 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio
ジョブにWebhookコンテキストパラメーターを定義することで、WebユーザーがTalend Cloud Management ConsoleからタスクのユニークなURLを生成できるようにします。これらのURLにより、外部アプリケーション(Salesforce、Box、Dropboxなど)でデータ変更のタスク実行をトリガーできます。

始める前に

  • Studioにジョブが開き、デザインワークスペースの下の[Contexts] (コンテキスト)タブが選択されます。

このタスクについて

一例として、Salesforceから連絡先を取得するジョブを用意します。Salesforceの連絡先が更新されるたびにタスクの実行がトリガーされるよう設定します。

手順

  1. Studioワークスペースで、[Contexts] (コンテキスト)タブをクリックします。

    [Contexts] (コンテキスト)タブがStudioに表示されない場合は、[Window] (ウィンドウ) > [Show view] (ビューの表示) > Talendの順にクリックし、[Contexts] (コンテキスト)を選択します。

  2. [Contexts] (コンテキスト)タブビューの下部の[+]ボタンをクリックして、テーブルにパラメーター行を追加します。
  3. resource_webhook_payloadというパターンに続くWebhookコンテキストパラメーターをすべて小文字で定義します。
  4. パラメータータイプをString (文字列)に設定します。
  5. Webhookパラメーターの値を入力します。
    WebhookはJSON形式で定義される必要があります。各項目の説明は次のとおりです:
    • タイプ: Content-Typeヘッダーから取られるペイロードのメディアタイプ(例: application/json)。
    • データ: ペイロードデータ
    サポートされているペイロードデータは次のとおりです:
    • application/xml
    • application/json
    • text/plain
    • text/xml
    [ { "type": "text/plain", "data": "Some Data" }, { "type": "application/xml", "data": "<SomeXml/>" } ]
  6. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、ジョブを右クリックし、[Publish to Cloud] (クラウドに公開)を選択します。