コンテキストグループおよびコンテキストの作成 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、[Contexts] (コンテキスト)ノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Create context group] (コンテキストグループの作成)を選択します。
    表示される2ステップのウィザードで、各種コンテキストおよびコンテキストパラメーターを定義できます。
  2. 2ステップのウィザードのステップ1では、作成するコンテキストグループの名前を入力し(この例では、TalendDB)、必要に応じて説明などの一般情報を追加します。[Description] (説明)フィールドに入力した情報は、リポジトリーのコンテキストグループにマウスのポインターを移動すると、ツールヒントとして表示されます。
  3. [Next] (次へ)をクリックして、ステップ2に進み、必要な各種コンテキストおよび変数を定義できます。
    [Default] (デフォルト)という名前のコンテキストが作成されており、システムによりデフォルトとして設定されます。
  4. ウィザードの右上の[+]ボタンをクリックしてコンテキストを定義します。[Configure Context] (コンテキストの設定)ダイアログボックスが表示されます。
  5. コンテキストのDefaultを選択し、[Edit...] (編集...)ボタンをクリックして、開いた[Rename Context] (コンテキストの名前の変更)ダイアログボックスにProdと入力すると、コンテキストのDefaultという名前がProdに変更されます。
    [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
  6. [New...] (新規...)ボタンをクリックして、[New Context] (新規コンテキスト)ダイアログボックスにTestと入力します。[OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
  7. デフォルトのコンテキストとして設定したいコンテキストの前にあるチェックボックスをオンにします。ウィザードの[Default context environment] (デフォルトコンテキスト環境)リストからコンテキスト名を選択して、デフォルトのコンテキストを設定することもできます。
    必要に応じて、コンテキストを選択し、[Up] (上へ)または[Down] (下へ)ボタンをクリックして、コンテキストを上下に移動することができます。
    この例では、[Test]をデフォルトのコンテキストとして設定し、上に移動しています。
  8. [OK]をクリックしてコンテキストの定義を確定し、[Configure Contexts] (コンテキストの設定)ダイアログボックスを閉じます。
    新しく作成したコンテキストは、ウィザードのコンテキスト変数テーブルに表示されます。