コミットされていないアイテムをGitステージングビューで処理する - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

[Talend Git Staging] (Talend Gitステージング)ビューでは、Gitにコミットする前に、必要に応じて変更を管理することができます。

手順

  • [Unstaged Changes] (ステージングされていない変更)エリアで、次の手順に従います。
    • アイテムを右クリックし、コンテキストメニューから[Add to Index] (インデックスに追加)を選択し、アイテムを[Staged Changes] (ステージング済みの変更)エリアに移動して、アイテムをコミットできる状態にします。

      または、アイコンをクリックし、選択済みのアイテムを[Staged Changes] (ステージング済みの変更)エリアに追加するか、またはアイコンをクリックして、ステージングされていない全てのアイテムを[Staged Changes] (ステージング済みの変更)エリアに追加することができます。

    • アイテムを右クリックし、[Compare with Index] (インデックスと比較)を選択し、アイテムの変更をステージング済みのバージョンと比較します。

      アイテムが[Staged Changes] (ステージング済みの変更)エリアに追加済みでない場合、比較はヘッドバージョンとの間で行われます。

      比較ビューが開き、そこで変更をステージング済みのバージョンまたはヘッドバージョンと比較し、コンフリクトの解決と同じ方法で処理することができます。詳細は、比較エディターによるコンフリクトの解決を参照して下さい。

    • アイテムを右クリックし、コンテキストメニューから[Replace with Index] (インデックスと置換)を選択し、アイテムの変更をステージング済みのバージョンに置換します。

      [Discard Local Changes] (ローカルな変更を破棄)ダイアログボックスが開きます。[Discard Changes] (変更の破棄)をクリックすると、アイテムは[Unstaged Changes] (ステージングされていない変更)エリアから削除されます。

    • アイテムを右クリックし、[Delete] (削除)があれば選択し、物理的に削除します。

      または、アイテムを選択し、[Delete]キーを押して削除することもできます。

      コンテキストメニューに[Delete] (削除)オプションがないアイテムは、リポジトリツリービュー内でのみ削除できます。

  • [Staged Changes] (ステージング済みの変更)エリアで、次の手順に従います。
    • アイテムを右クリックし、[Compare with Head Version] (ヘッドバージョンと比較)を選択し、アイテムの変更をヘッドバージョンと比較します。

      比較ビューが開き、そこで変更をヘッドバージョンと比較し、コンフリクトの解決と同じ方法で処理することができます。詳細は、比較エディターによるコンフリクトの解決を参照して下さい。

    • アイテムを右クリックし、コンテキストメニューから[Remove from Index] (インデックスから削除)を選択し、アイテムを[Unstaged Changes] (ステージングされていない変更)エリアに戻します。

      または、アイコンをクリックし、選択済みのアイテムを[Unstaged Changes] (ステージングされていない変更)エリアに戻すか、またはアイコンをクリックして、ステージング済みの全てのアイテムをステージングされていない変更のエリアに戻すことができます。

  • [Unstaged Changes] (ステージングされていない変更)または[Staged Changes] (ステージング済みの変更)エリアで:
    • アイテムを右クリックし、コンテキストメニューから[Replace with Head Version] (ヘッドバージョンと置換)を選択し、アイテムの変更をヘッドバージョンに置換します。

      [Discard Local Changes] (ローカルな変更を破棄)ダイアログボックスが開きます。[Discard Changes] (変更の破棄)をクリックすると、アイテムは[Unstaged Changes] (ステージングされていない変更)エリアまたは[Staged Changes] (ステージング済みの変更)エリアから削除されます。

    • アイテムを右クリックし、[Copy Path] (パスのコピー)を選択して、アイテムのリポジトリツリーパスをクリップボードにコピーします。
  • アイテムの作成者名とコミッター名を表示してコピーします。