Talend Cloudコンテキストパラメーター - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio
コンテキストパラメーターとは、コンテキスト変数を使用して、実行時にアーティファクトに渡せるパラメーターのことをいいます。コンテキスト変数は開発環境、本番稼働環境などさまざまな環境で変更することができる値で、パスワード、ポート、その他環境の変化に応じて変更できます。

Talend Studioでは、アーティファクトでのコンテキストパラメーターの使用がサポートされています。コンテキストパラメーターには、接続パラメーター、ユーザー定義パラメーター、または外部リソース(リソースパラメーター)またはクラウドタスクに関するパラメーターをリンクするパラメーターを指定できます。

Studioから以下の操作を行えます:
  • [Repository] (リポジトリー) > [Contexts] (コンテキスト)内で、さまざまなアーティファクトで使用する接続パラメーターを作成し、一元管理する。詳細は、リポジトリー内でコンテキスト変数を一元管理するを参照して下さい。

  • アーティファクトの[Contexts] (コンテキスト)ビューでユーザー定義パラメーターを作成する。

  • アーティファクトの[Contexts] (コンテキスト)ビューでリソースパラメーターを作成する。

  • [Repository] (リポジトリー) > [Contexts] (コンテキスト)内で、さまざまなアーティファクトで使用するタスクパラメーターを作成し、一元管理する。詳細は、リポジトリー内でコンテキスト変数を一元管理するを参照して下さい。

コンテキストパラメーター名は命名規則に厳密に従う必要があります。詳細は、ユーザー定義変数を参照して下さい。

Studioで用意されている標準アーティファクトと事前設定されているコンテキストパラメーターをインポートして使用し、Talend Cloud Management Consoleのすべての主要フィーチャーを調べたり、試したりすることができます。