手順3: サブスクライバテーブルの作成 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

CDCとデータ間の接続を設定するには、次の手順に従います。

手順

  1. データ接続ノードの下でCDC Foundationフォルダーを右クリックし、コンテキストメニューから[Create CDC] (CDCの作成)を選択します。[Create Change Data Capture] (CDCの作成)ダイアログボックスが開きます。
  2. [Create Change Data Capture] (CDCの作成)ダイアログボックスで、[Set Link Connection] (リンク接続の設定)フィールドのとなりの[...]ボタンをクリックして、CDC専用のDB接続を選択します。
    他のCDCモードもサポートするOracleなどのデータベースの場合は、この手順でデータ変更をキャプチャーするオプションとして[Trigger mode] (トリガーモード)を必ず選択して下さい。
  3. [Create Subscriber] (サブスクライバの作成)をクリックし、[Create Subscriber and Execute SQL Script] (サブスクライバの作成とSQLスクリプトの実行)ダイアログボックスを開きます。
  4. [Execute] (実行)をクリックして表示されているSQLスクリプトを実行し、[Close] (閉じる)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  5. [Create Change Data Capture] (CDCの作成)ダイアログボックスで[Finish] (終了)をクリックします。
    [CDC Foundation]フォルダーに、CDCのDB接続とサブスクライバテーブルスキーマが表示されます。