接続パラメーターのインポート - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio
Studioリポジトリーからコンテキスト接続パラメーターをアーティファクトにインポートし、接続コンポーネントにパラメーターを追加することができます。

始める前に

手順

  1. Studioワークスペースで[Contexts] (コンテキスト)タブをクリックして[Contexts] (コンテキスト)ビューを開きます。
    [Contexts] (コンテキスト)タブがStudioに表示されない場合は、[Window] (ウィンドウ) > [Show view] (ビューの表示) > Talendとクリックし、[Contexts] (コンテキスト)を選択します。
  2. アイコンをクリックしてダイアログボックスを開きます。
    このダイアログボックスには、Studioの[Repository] (リポジトリー)ツリービューで作成および保存されたすべてのコンテキストグループが一覧で示されます。
  3. Studioのリポジトリーからインポートするコンテキスト変数のチェックボックスを選択して、[OK]をクリックします。
    コンテキスト変数がインポートされ、[Contexts] (コンテキスト)ビューに一覧表示されます。
  4. 各パラメーターをダブルクリックして、パラメーター値を定義できるウィザードを開きます。
    Studioのアーティファクトから接続パラメーター値が削除され、クラウドにパブリッシュされます。
  5. アーティファクトで、接続コンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. 利用可能なコンテキストパラメーターを表示するには、各接続フィールドで[Ctrl+スペース]を押して、Studioリポジトリーで定義したコンテキスト接続のリストを表示し、コンテキスト接続パラメーターを選択します。
    接続パラメーターの値は、アーティファクトではクラウドにパブリッシュされません。アーティファクトをクラウドにパブリッシュする場合、以下のようにする必要があります:
    1. Talend Cloud Management Consoleで接続を作成します。
    2. 接続を選択してタスクを実行します。