コンテキストとしてのメタデータのエクスポートとコンテキストパラメーターを再利用した接続の設定 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

メタデータ接続で[Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)オプションを使用できる場合、接続の詳細をリポジトリーの新しいコンテキストグループにエクスポートして他の接続または異なるジョブで再利用したり、既存のコンテキストグループの変数を再利用してメタデータ接続を設定したりすることができます。