ジョブ、ルート、またはサービスのデプロイをカスタマイズ - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

[Job] (ジョブ)または[Services] (サービス)ビューを使用して、デプロイ情報をアーティファクトリポジトリーにパブリッシュする前にカスタマイズすることができます。これには、グループIDやジョブ、ルート、またはサービスのデプロイバージョンが含まれます。

手順

  1. デプロイ情報をカスタマイズするジョブ、ルート、またはサービスを開きます。
  2. [Job] (ジョブ)または[Services] (サービス)タブをクリックし、縦に並んだタブの[Deployment] (デプロイ)を選択します。
  3. 必要に応じて、ジョブ、ルート、またはサービスのデプロイ情報をカスタマイズします。
    • ジョブ、ルート、またはサービスのグループIDをカスタマイズするには、[Use Custom GroupId] (カスタムGroupIdの使用)チェックボックスを選択して、ジョブ、ルート、またはサービスをパブリッシュするグループの名前を入力します。

      パブリッシュされたときに、ジョブ、ルート、またはサービスがルートノードである場合は、そのデフォルトグループIDはアーティファクトリポジトリーの環境設定で定義したものになります。ジョブ、ルート、またはサービスがルートノードでない場合は、フォルダー構造がデフォルトグループIDとして使用されます。

    • ジョブ、ルート、またはサービスのデプロイバージョンをカスタマイズするには、[Use Custom Version] (カスタムバージョンを使用)チェックボックスを選択して新しいバージョンを入力します。

      デフォルトでは、デプロイバージョンはジョブ、ルート、またはサービスのバージョン、またはプロジェクト設定でジョブまたはルートに設定したデプロイバージョンです。

    • ジョブ、ルート、またはサービスのスナップショットバージョンをパブリッシュするには、[Publish as Snapshot] (スナップショットとしてパブリッシュ)チェックボックスを選択します。リリースバージョンをパブリッシュするには、このチェックボックスをオフにします。

タスクの結果

複数のジョブ、ルート、またはサービスのデプロイバージョンをプロジェクト設定で管理することもできます。詳細は、『ジョブ、ルート、およびサービスのデプロイバージョンの管理』を参照して下さい。

アーティファクトリポジトリーの環境設定については、アーティファクトリポジトリの環境設定([Talend] > [Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリ) > [Repository Settings] (リポジトリ設定))を参照して下さい。