Hadoop接続の自動設定 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio

このタスクについて

この自動モードは、Studioで公式にサポートされているHadoopディストリビューションにのみ適用できます。つまり、この[Hadoop Configuration Import Wizard] (Hadoop設定インポートウィザード)ウィンドウに表示されているディストリビューションです。

手順

  1. [Distribution] (ディストリビューション)エリアで使用するHadoopディストリビューションとそのバージョンを選択します。
  2. 設定のセットアップ方法をこのインポートウィザードで選択します。
    • [Retrieve configuration from Ambari or Cloudera] (AmbariまたはClouderaから設定を取得): Hortonworks Data PlatformまたはCloudera CDHクラスターを使用しており、クラスターに特定の管理プラットフォーム(Hortonworks Data Platformの場合はHortonworks Ambari、Cloudera CDHの場合はCloudera Manager)が含まれている場合は、このチェックボックスをオンにすると設定が直接インポートされます。

      詳細は、AmbariまたはClouderaから設定を取得を参照して下さい。

    • [Import configuration from local files] (設定をローカルファイルからインポート): 設定ファイル(主に*-site.xmlファイル)が取得済みであるか、または、Hadoopクラスターの管理者から取得できるか、もしくはWebベースのクラスター管理サービスから直接ダウンロードできる場合は、このオプションを使用して、プロパティをそれらのファイルから直接インポートします。

      詳細は、ローカルファイルからの設定のインポートを参照して下さい。