接続のグループの移行 - Cloud

Talend Cloud Real-Time Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Studio
Talend Studioのさまざまなプロジェクトまたはさまざまなバージョンからデータベース接続をインポートすることができます。

始める前に

データプロファイリングアイテムまたはプロジェクトのインポートで説明されているように、古いバージョンのTalend Studioからデータベース接続が既に移行されていること。

このタスクについて

移行されたJDBC接続は、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[DB connections] (DB接続)フォルダーで、その名前に警告アイコンが付いている場合があります。これは、その接続のドライバーパスが移行後に空になったことを示します。

それぞれの接続のドライバーパスを手動で設定する場合、とりわけその数が大量にあると、手間のかかる作業になることがあります。Talend StudioProfilingパースペクティブを使用して、全てのドライバーパスを一度に設定することができます。そのようなドライバーは、Microsoftダウンロードセンターなどからダウンロードすることができます。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順に選択し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを開きます。
  2. 検索フィールドで、jdbcと入力してから[JDBC Driver Setting] (JDBCドライバー設定)を選択すると、対応するビューが開きます。
  3. 該当のフィールドでJDBCパラメーターを設定してから、[Apply to connections...] (接続に適用...)をクリックします。
    ダイアログボックスが表示され、移行後に必要なJDBCドライバーを持たないJDBC接続が全てリストされます。
  4. ドライバー設定を適用する接続のチェックボックスを選択して、[OK]をクリックします。
    確認のメッセージが表示されます。
  5. [OK]をクリックして、確認のメッセージを閉じます。
  6. [Preferences] (環境設定)ウィンドウで、[OK]をクリックします。
    確認のメッセージが表示されます。
  7. [OK]をクリックして、メッセージと[Preferences] (環境設定)ウィンドウを閉じます。