システムルーチンへのアクセス - 7.0

ルーチンの管理

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング

このタスクについて

システムルーチンにアクセスするには、[Code] (コード) > [Routines] (ルーチン) > [system] (システム)をクリックします。ルーチンまたは関数は用途に応じて分類されています。

注:

[system] (システム)フォルダーとそれらのコンテンツは読み取り専用です。

systemフォルダー内の各クラスまたはカテゴリには、複数のルーチンまたは関数が含まれています。開くクラスをダブルクリックします。

注: Profilingパースペクティブを伴うTalendソリューションのいずれかをサブスクライブしている場合は、[Routines] (ルーチン)ノードのデータクオリティに固有のルーチンにアクセスできます。これらのデータ品質ルーチンは、姓名と役職を処理します。

クラス内のすべてのルーチンまたは関数は、記述的なテキストとそれに続く対応するJavaコードで構成されています。[Routines] (ルーチン)ビューでは、スクロールバーを使用してさまざまなルーチンを参照できます。または、代わりに、

手順

  1. [Routines] (ルーチン)ビューでCtrl+Oを押します。
    ダイアログボックスに、カテゴリ内のさまざまなルーチンのリストが表示されます。
  2. 対象のルーチンをクリックします。
    ビューがルーチンの記述的なテキストと対応するコードから成るセクションにジャンプします。
    注: ルーチン呼び出しステートメントの構文では大文字小文字が区別されます。