最初のコンポーネントの設定 - 7.0

データクオリティシステムルーチン

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、その[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマの編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. [+]ボタンを4回クリックして、4行追加します。
  4. これらの4行の名前を、たとえば、Entity_stringstr1str2、およびstr3に変更し、それらのタイプが[String] (文字列)であることを確認します。
    タイプが[String] (文字列)でない場合は、クリックして、表示されたドロップダウンリストから[String] (文字列)を選択します。
  5. [OK]をクリックして、これらの変更を検証し、このスキーマエディターを閉じます。
  6. [Component] (コンポーネント)ビューの[Mode] (モード)領域で、[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用(区切り記号付きファイル))を選択して、[Content] (コンテンツ)フィールドを表示します。
  7. [Content] (コンテンツ)フィールドで、コンポーネントスキーマで定義した行番号に対応する4つの文字列を入力し、[Field Separator] (フィールド区切り記号)フィールドに表示されているフィールド区切り記号を使用してそれらを区切ります。デフォルトでは、フィールド区切り記号は;で、必要に応じてそれをカスタマイズできます。このユースケースで入力された文字列は、 U.S.A. (U文字の前のスペースは使用するルーチンによって切り詰められる)、GlobalBusinessServicesです。
    したがって、ここに入力された文字列は全部合わせて、 U.S.A.;Global;Business;Servicesとなります。