Talend Cloud Management Console - Cloud

Talend Cloudリリースノート

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer
フィーチャー 説明
Talend Integration CloudTalend Cloud Management Consoleにマージする Talend Integration Cloudで以前使用できたフィーチャーの全てがTalend Cloud Management Consoleにマージされました。

これには、タスクとプランの実行、スケジューリング、監視、およびソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)のフィーチャーが含まれます。

Talend Cloud Management ConsoleではAPIサービスジョブも管理できるようになりました。

詳細は、次のビデオをご覧下さい: Talend Management Console - Fall '18 Release

データサービスとルートのための継続的インテグレーション(CI) 標準のCIツールとワークフローを使用して、データサービスまたはルートを自動的にビルド、テストし、Talend Cloud Management Consoleにパブリッシュすることができます。
RESTサービスをクラウドから管理し、リモートエンジン内で実行する

Talend RuntimeとMicroservices Runtimeをリモートエンジン用に設定することで、数々のメリットが得られます。Talend Studioから手動で、または継続的インテグレーション経由で、RESTデータサービスとルートをTalend Cloud Management Consoleにパブリッシュすることができます。パブリッシュされたこれらのデータサービスとルートを、Talend Cloud Management Consoleからリモートエンジンにデプロイすることができます。

ログの収集と表示、環境の管理、ルートとデータサービスのプロモーションをTalend Cloud Management Consoleで行うこともできます。

Talend Cloud Management Consoleにおける新しいロール Talend Cloud Management Consoleに環境管理者、インフラストラクチャ管理者、およびオペレーターのロールが新しく加わりました。以前から使用できたプロジェクト管理者とセキュリティ管理者のロールと合わせて、ユーザー権限をより緻密に定義できるようになっています。
新しいシングルサインオンメカニズム: OneLogin One Loginの追加で、シングルサインオン(SSO)オプションの範囲が広がりました。
APACにおけるTalend Cloud APACリージョンを拠点とするデータセンターにおけるTalend Cloudのデリバリーは、データのローカル保存が求められるセキュリティポリシーへの準拠が可能であることを意味します。

このデータセンターは、2018年10月以来利用可能となっています。

既知の問題: https://jira.talendforge.org/issues/?filter=28553

Talend Cloud Management Consoleの基本的な使い方は、このページを参照して下さい。