Talend Cloud Data Preparation - Cloud

Talend Cloudリリースノート

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer

フィーチャー 説明
スマート入力 このファンクションを使用すると、いくつかの例に基づいてパターンを定義し、機械学習アルゴリズムを通じてカラム全体に変換を適用できます。スマート入力では、あらゆるデータ型数多くのフォーマットを利用できます。
プロファイル機能の向上 お使いデータセットのプロファイル機能で、自分のチャートやパターンの(最初の15個だけではなく)すべての値にアクセスできるようになりました。これによって低頻度のパターンを発見しやすくなり、データデータクオリティの問題を検出できます。
オートコンプリート セマンティックタイプが辞書に基づいているカラムのセルの編集が、オートコンプリートの追加によってさらに簡単になりました。提案された値のリストから選ぶことで、自分のデータが自分のセマンティックタイプ基準に基づいていることを保証できます。
重複除外 テーブル全体に適用できる既存の重複除外ファンクションに加え、1つまたは複数のカラムの値に基づく重複除外の操作が可能となりました。これによって、削除したい行をさらにコントロールできるようになります。
テーブルファンクション これまでカラムにしか使用できなかったファンクションの一部が一度の操作でテーブル全体にできるようになったため、フォーマット操作がさらに効率的になりました:
  • 日付形式の変更
  • 数値のフォーマット
  • 検索と置換
新しい和暦 日付ファンクションが最新の和暦(令和)に対応したため、西暦と和暦の間の変換が正しく行われるようになりました。
ハイブリッドデプロイ Talend Data PreparationTalend Dictionary Serviceがハイブリッドデプロイで利用できるようになりました。この設定を有効にすれば、重要なデータをファイアウォールで保護しながら保持できる一方、Talend Cloudから自分のユーザーとプラットフォームの残りのユーザーを引き続き管理できるため、クラウドとオンプレミス両方の最大活用が可能です。

現在のところ、この設定は新しいインストールでのみ利用可能となっています。

REST APIのドキュメンテーション Talend Data Preparation REST APIのどのドキュメンテーションにも、Swaggerと実行リクエストに基づいてアクセスできるようになりました。

既知の問題: https://jira.talendforge.org/issues/?filter=26475

Talend Cloud Data Preparationの基本的な使い方は、このページを参照して下さい。