Customer Contact Dataデータセットのプレパレーションの追加 - 2.5

Talend Data Preparation の簡単な例

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

データのプレパレーションとクレンジングを開始するために、プレパレーションを追加します。

Talend Data Preparationですでに使用可能になっているデータセットまたはローカルファイルからプレパレーションを作成することができます。対応するボタンを使ってプレパレーションを追加すると、現在作業しているフォルダーにプレパレーションが作成されます。また、プレパレーションはプレパレーションリストに自動的に保存され、変更した内容もすべて自動的に保存されます。

手順

  1. ホームページから[Preparations] (プレパレーション)をクリックして、プレパレーションのリストを開きます。
  2. [Add Preparation] (プレパレーションの追加)ボタンをクリックします。
  3. [Preparation Name] (プレパレーション名)フィールドに、プレパレーションに付ける名前を入力します。たとえば、Customer Contact Data Preparationなどにします。
  4. [Import File] (ファイルのインポート)をクリックし、customer_contact_data.csvを選択してこのファイルをデータセットとして使用します。

タスクの結果

データセットを選択すると空のレシピが開くので、プレパレーションステップの追加を開始します。変更した内容はすべて自動的に保存されます。