フィルターの作成 - 2.5

Talend Data Preparation の簡単な例

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

データを識別または隔離する簡単な方法は、フィルターを作成することです。

前のステップで定義したパターンに実際に一致する、Phone (電話)カラムの値を隔離します。それには、phone_matchingカラムがtrueになっている値へのフィルターを使用します。

手順

  1. phone_matchingカラムを選択します。
  2. 画面右下のデータプロファイリングエリアには、truefalseの値の出現数を示す横棒グラフがあります。

    一度に1つまたは複数のカラムのデータにフィルターを適用する便利で簡単な方法は、ダイアグラムを使用する方法です

  3. trueの値を示すバーをクリックします。

    フィルターがデータに適用され、フィルターバーを見ると、値trueに一致するエントリーだけがグリッドに表示されています。

タスクの結果

データの値trueがフィルター処理されたので、この小さいデータサンプルの作業を開始します。