設定マネージャーでプロジェクトを開く - Cloud

Talend Cloud Data Catalog入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
設定マネージャーを使えば、プロジェクトの設定を管理し、そのコンテンツで作業できます。

始める前に

  • プロジェクト設定に切り替えていること。
  • [Viewer] (ビューアー)セキュリティロールが割り当てられていること。

手順

  1. [MANAGE] (管理) > [Configuration] (設定)に移動します。
    プロジェクト設定のコンテンツが[Manage Contents] (コンテンツの管理)パネルに表示されます。
  2. オブジェクトをクリックしてインポート設定を表示します。
  3. [OPEN] (開く)をクリックして詳細ページを開きます。
    オブジェクトに関する情報はすべてその詳細ページに掲載されています。タブは目的のオブジェクトのタイプによって異なります。
    [Overview] (概観)タブには、そのオブジェクトに関する一般情報(ビジネスディスクリプション、プロパティ、データプロファイリング情報、関連付けられているセマンティックタイプ、ラベル、コレクションなど)が含まれています。

タスクの結果

これで、アーキテクチャー図でプロジェクトを開く準備ができます。